専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【NBA】ラプターズが崖っぷちから2連勝!シアカムが最多の23得点、渡邊雄太は終盤に出場し2得点<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.04.26

ラプターズが2連勝でシリーズ2勝3敗に。ヴァンブリート欠場もチーム一丸で乗り切った。(C)Getty Images

ラプターズが2連勝でシリーズ2勝3敗に。ヴァンブリート欠場もチーム一丸で乗り切った。(C)Getty Images

 現地時間4月25日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ対トロント・ラプターズのプレーオフ1回戦第5戦が行なわれ、ラプターズが103-88で勝利。3連敗後に連勝を飾り、シリーズ戦績を2勝3敗とした。

 ホームの第4戦に勝利して迎えた敵地フィラデルフィアでの第5戦。ラプターズは前戦で股関節を痛めたフレッド・ヴァンブリートが欠場。あとがない状況で得点源の一角を失ったが、チーム一丸となって勝利を掴み取った。

 第1クォーターは29-27と互角の展開となるも、第2クォーターは途中出場のクリス・ブーシェイや今季新人王に輝いたスコッティ・バーンズらの活躍でリードを拡大。開始5分で12-0のランを展開すると、以降は後半を通して1度もリードを渡さなかった。
 
 ラプターズはパスカル・シアカムが前戦に続くチーム最多の23得点、10リバウンド、7アシストをマーク。さらにプレシャス・アチウワが17得点、7リバウンド、3ブロック、OG・アヌノビーとゲイリー・トレントJr.が各16得点をマークした。

 また、勝負が決した試合終盤には渡邊雄太も登場。初戦と第4戦に続くプレーオフ3試合目の出場となった渡邊は、1分19秒のプレータイムの中でドライビングレイアップを成功。初戦以来の得点をマークして、コート上で勝利の瞬間を迎えた。

 一方、敗れたシクサーズはジョエル・エンビードが右親指の負傷を負いながらも20得点、11リバウンド。トバイアス・ハリスが16得点、7リバウンド、ジェームズ・ハーデンが15得点、7アシストと先発全員が2桁得点をあげたものの、チーム全体のフィールドゴール成功率は38.3%にとどまった(ラプターズは51.2%)。

 依然としてシクサーズが王手をかけて迎える第6戦は28日、再びトロントに舞台を移して行なわれる。

構成●ダンクシュート編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング