専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
バスケW杯

【バスケ女子W杯】日本、痛恨の連敗で予選突破へ暗雲。世界ランク4位のカナダの牙城を崩せず<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.09.25

今大会無敗のカナダに対し、何度も反撃を試みた日本だったが、序盤の差を埋めるには至らなかった。(C)Getty Images

今大会無敗のカナダに対し、何度も反撃を試みた日本だったが、序盤の差を埋めるには至らなかった。(C)Getty Images

 オーストラリアのシドニーにて開催されている「FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022」。世界ランキング8位の日本代表は25日の第3戦で同4位のカナダと対戦し、56-70で敗れた。

 ここまで1勝1敗の日本は過去2戦から先発を入れ替え、PGに宮崎早織、センターに渡嘉敷来夢を起用。序盤はその宮崎に対し、カナダが徹底マークをしいて日本の攻撃を封じにかかる。それでも渡嘉敷の3ポイントなどで5点を先取した日本だったが、その後に逆転を許して12-20で第1クォーターを終える。

 第2クォーター、日本はキャプテン・高田真希の個人技や宮崎の奮闘で開始3分に2点差に迫る。だがここからミスも重なって流れを掴み切れず、カナダに連続得点を献上。25-41と16点ビハインドで前半を終えた。
 
 後半、日本はオコエ桃仁花の連続3ポイントなどで反撃の狼煙を上げるも、第3クォーターを終えて39-61と逆に差が広がる苦しい展開。第4クォーターも開始から7連続得点と追い上げを試みたものの、今大会2連勝中のカナダの牙城を崩せず、手痛い連敗となった。

 日本は高田がチーム最多の11得点、オコエと平下愛佳が各9得点を記録。フィールドゴール成功率31.9%(69本中22本)、3ポイント成功率17.1%(35本中6本)と、いずれも今大会ワーストに封じられた。

 グループラウンドは6チームによる総当たり戦で、上位4チームが決勝トーナメントに進む。1勝2敗でグループ5位となった日本は明日の第4戦で、世界ランキング6位で東京五輪準決勝でも対戦したフランス(2勝1敗/2位)と激突する。

構成●ダンクシュート編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング