専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ラトレル・スプリーウェル、“破壊的な性格“が露わになった1994年の事件【NBAレジェンド列伝・前編】

出野哲也

2020.07.06

 同シーズンは平均21.0点、4.7アシスト、2.20スティールをマークし、オールスターに初出場しただけでなく、オールディフェンシブ2ndチーム、そしてオールNBA1stチームにも選出。プロ入り当初は正確に名前を読まれることすら稀だったスプリーウェルの躍進は、まさしくシンデレラ・ストーリーだった。

 ところが、ウォリアーズはその年のオフにウェバーとビリー・オーウェンスをトレードする。チームで最も仲の良かった2人が放出されたことで、スプリーウェルは首脳陣に対して不信感を募らせ、シューズに2人の背番号を書き入れて抗議の意を鮮明にした。
 
 ネルソンHCに目をかけられているティム・ハーダウェイとの軋轢も深まり「あのゴマすり野郎とは一緒にプレーできない」と発言。「私は彼を友人だと見なしているのだがね。彼の方はどうもそうは思っていないようだ」とネルソンは溜め息交じりにそう話すと、試合中もふて腐れた態度でファンの反感を買い、ついにはチームから出場停止処分を下されてしまった。

 スプリーウェルがどこかおかしいことに周囲が気づき始めたのは、1994年10月に起こったある事件がきっかけだった。彼の飼っていたブルドッグが4歳の娘に襲いかかり、耳の一部を噛みちぎったのだが、それに対する彼の反応は「まあ、こんなこともあるさ」。親としての愛情、人間らしい感情が明らかに欠けているようで、その翌年には免停中にスピード違反で捕まったあげく、彼を逮捕したアジア系の警察官に人種差別的な言葉を吐くなど、問題行動は悪化の一途を辿っていった。(後編に続く)

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2012年2月号掲載原稿に加筆・修正。

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

NEXT
PAGE
【動画】キャリア3年目のスプリーウェルもランクイン!1995年1月第3週のリーグトップ10プレー

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング