専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

史上最強のパワフルモンスター、シャックが残した伝説的なキャリア【NBAレジェンド列伝・前編】

出野哲也

2020.09.18

1位指名でマジックへ入団。1年目から圧倒的な活躍を披露し、新人王に選出された。(C)Getty Images

1位指名でマジックへ入団。1年目から圧倒的な活躍を披露し、新人王に選出された。(C)Getty Images

■新人時代にゴールを2度破壊センセーションを巻き起こす

 いずれにせよ、ドラフトではオニールが最高評価を得たのは当然であった。全体1位指名でオーランド・マジックに入団すると、平均23.4点に加え13.9リバウンドと3.5ブロックはリーグ2位。こうした数字以上に、迫力満点のプレーで大いに人気を集めた。

 とりわけ凄かったのが、両手でダンクを叩き込む必殺技“シャックアタック”で、二度もゴールポストをへし折ったこと。衝撃を吸収できるようにリムを改良し、壊れにくいバックボードが導入されたのはオニールがきっかけだった。

 93年にジョーダンが電撃的に引退すると、次なるリーグの顔としてオニールに期待が集まった。実力的には確かに適任だったが、問題が一つあった。彼はバスケットボールに集中できなかったのである。

 プロ入りした頃から「リングを2つくらい取ったら引退して別のことをやる」と公言していたのだが、まだリングが1つもない段階で芸能活動に積極的に乗り出していた。

 ラッパーとしてリリースした『スキルズ』はビルボードのHot100(シングルチャート)35位まで上昇。スポーツ選手の出した曲としては異例のヒットで、オニールの人気の高さを証明した。俳優としても93年に映画『ブルー・チップス』、96年には『カザーン』に主演した。
 
 こうした活動が悪いというわけではないが、本職であるバスケットボールで腕を磨くべき時期に優先させることでなかった。

 なぜなら、彼にはフリースローという明白な欠点があったからだ。手が大きすぎてボールをしっかり持てないのが理由とも言われたが、成功率は1年目が最高で、以後どんどん下がっていった原因は明らかに練習不足だった。

 歌ったり踊ったりしている暇があったら、そうした弱点を克服する努力をしたらどうなんだという声は、オニールの耳には届かなかった。

 フリースローが半分しか決まらないにもかかわらず、3年目の94-95シーズンには平均29.3点で初の得点王に輝く。マジックもリーグ最高勝率を記録し、初のファイナルに進出した。

 ところが、ヒューストン・ロケッツを相手によもやの4連敗。オニール自身は平均28点と奮闘したのだが、マッチアップ相手だったアキーム・オラジュワンを抑えられず、平均32.8点を奪われファイナルMVP獲得を許した。順風満帆だったキャリアにおいて、初めて味わった挫折だった。

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2012年11月号掲載原稿に加筆・修正。
NEXT
PAGE
【動画】現役時代のシャックが披露した“トップ10プレー集”

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング