専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“ロブシティ”で優勝できなかったクリス・ポールがクリッパーズ時代を回顧「運を味方につけることは一度もなかった」

秋山裕之

2020.06.02

毎年レギュラーシーズンでは好成績を収めながらも、1度も頂点に立てなかった“ロブシティ”。17年にポールが移籍し、チームは解体した。(C)Getty Images

毎年レギュラーシーズンでは好成績を収めながらも、1度も頂点に立てなかった“ロブシティ”。17年にポールが移籍し、チームは解体した。(C)Getty Images

 クリッパーズが覇権争いに絡んでいた6シーズン。NBAでは13年にヒートのスモールボールが注目を集め、14年はスパーズが流麗なボールムーブによる“エクストラパス”から高確率なショットで点を積み重ねた。そして15年からはウォリアーズとキャブズによる頂上決戦が毎年繰り広げられた。

 結局、頂点に届かなかったクリッパーズは17年夏にポールをロケッツへ、18年1月にはグリフィンをピストンズへ放出。ジョーダンも18年夏にフリーエージェントとなって退団し、3本柱はそれぞれの別の道へと向かっていった。

 リバースHCはポール退団後の17年12月に、『The Vertical』でこんな言葉を残している。

「クリスとブレイク、DJ(ジョーダンの愛称)を中心としたグループで、私はタイトルを勝ち取るビジョンを持っていた。しかし我々はそれを成し遂げることができなかった。時には変化が欲しいと思うこともあるし、変化を強いられることだってある。ただ結局のところ、望んでも望まなくとも、ほとんどの場合、変化というのは良いものだ。我々は多くの勝利を手にしてきた。ただ勝者になれなかっただけのことだ。そして、『勝者にはなれないだろう』という、このグループの状況を認識する時が来たということ。おそらく我々は(優勝するためには)十分ではなかったんだ」
 
 主力の故障だけでなく、クリッパーズには勝負どころでポールに頼りきってしまうチーム事情、フリースローを苦手とするジョーダンを接戦時の終盤に起用できず、ラインナップ構築に苦しんだことなど、勝ちきれなかった要因はいくつもあった。

「別に誰かを責めるつもりじゃないけど、一緒にプレーしていて楽しく感じなくなっていた。リーグも変わり、スタイルも変わった。ウォリアーズやロケッツも変わっていったんだ」

 “ロブシティ”と呼ばれて人気を博したクリッパーズだが、レディックの言葉通り、ケガやさまざまな事情が重なったことで、肝心な場面で団結しきれず、チームケミストリーが緩やかに下降していったのだろう。

 そしてリバースHCとクリッパーズは、リーグが3ポイント全盛かつスモールボールが主流となる過程で“変化”するタイミングを見誤ってしまったのかもしれない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
NEXT
PAGE
【動画】華麗な空中ショーで一世を風靡!“ロブシティ”クリッパーズのトップ10アリウープ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング