専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

シアカム、シモンズ、オラディポ……。今季の第二幕へ参戦する各チームの“最も重要な選手”【イースト】

秋山裕之

2020.06.26

8位のマジックに5.5ゲーム差をつけられているウィザーズ。ここまで平均30.5点を叩き出すエースのビールはチームを逆転でプレーオフへと導けるか注目だ。(C)Getty Images

8位のマジックに5.5ゲーム差をつけられているウィザーズ。ここまで平均30.5点を叩き出すエースのビールはチームを逆転でプレーオフへと導けるか注目だ。(C)Getty Images

 エースのカイリー・アービング不在の44試合で、ネッツが勝率5割(22勝22敗)の成績を残すことができたのは、フル出場してチームを支えてきたディンウィディーのお陰だろう。独特なタイミングとステップで切り込む196㎝の長身ガードは、今季のネッツの命運を握っていると言っていい。

 2年連続のプレーオフ進出を狙うマジックはここまで30勝35敗と負け越しているが、今季フルツが20得点以上をあげた試合で5勝1敗、10アシスト以上を残した試合でも3勝1敗と高い勝率を誇る。1月15日のレイカーズ戦ではトリプルダブル(21得点、11リバウンド、10アシスト)の活躍で大金星に大きく貢献。着実に成長を続けている2017年のドラ1はチームに不可欠な存在になりつつある。
 
 オールスター後には平均36.5点とさらにギアを上げたビールだったが、ウィザーズは4勝7敗。今季10度も40得点以上を残すも、チームは1勝9敗と大きく負け越している。

 ウィザーズがマジックとの5.5ゲーム差を縮めるためには、八村塁やシャバズ・ネイピアー、トーマス・ブライアントといった選手たちの奮起がマスト。高得点は当然として、ビールにはプレーメーカーとしてチームメイトの得点機会を演出する回数を増やすことが求められる。10アシスト以上を残した6試合でチームが3勝3敗と勝率5割を残していることは、このチームにとって重要な鍵となるかもしれない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】並外れた身体能力とド迫力のダンクでスター街道を驀進!“グリーク・フリーク”ヤニス・アデトクンボの厳選ショット集!
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

NEXT
PAGE
【動画】ラプターズのエースに成長したシアカムの2019-20ベストプレー集!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング