専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ロケッツの「歴代ベスト5」を選定!ビッグマンはMVPの2人。人材不足のSFは……

出野哲也

2020.06.25

オラジュワンンは伝家の宝刀“ドリームシェイク”で相手ビッグマンを圧倒。94、95年にロケッツを連覇に導いた。(C)Getty Images

オラジュワンンは伝家の宝刀“ドリームシェイク”で相手ビッグマンを圧倒。94、95年にロケッツを連覇に導いた。(C)Getty Images

 1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE D...
 1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。今回は1994年アキ―ム・オラジュワンを中心に初のリーグ制覇。翌95年は第6シードからプレーオフを勝ち上がり、連覇を成し遂げた「ヒューストン・ロケッツ」編をお届けする。

【ポイントガード】
カルビン・マーフィー

1948年5月9日生。175cm・74kg
在籍期間:13シーズン(1970~83年)
成績:1002試合、平均17.9点、2.1リバウンド、4.4アシスト

 このチームのPGは優秀な選手がいても、あまり長く在籍しない傾向がある。スティーブ・フランシスは5年、クリス・ポールも2年しかいなかったので、13年のキャリアをすべてロケッツで過ごしたマーフィーを選ぶのが順当だろう。身長はたった175cm、出身大学も弱小のナイアガラだったが、とにかく強気にゴールを狙うスタイル。ボールハンドリングもパスセンスも最高級でありながら、ゲームメークそっちのけでシュートを打ち続け、平均5アシスト以上の年は2度だけだった。

 主にSGを務めた77-78シーズンはリーグ5位の平均25.6点、身長6フィート(183cm)未満の選手の25点超えは初めて。特にフリースローが正確で、80-81シーズンの成功率95.8%は史上2位だった。同年は78回連続成功の新記録も樹立したが「誰にも破られたくないから、この記録に近づくヤツは失敗しろ」と公言するなど、良く言えば負けず嫌い、悪く言えば大人げない態度を見せた(結局その後更新されている)。
 
【シューティングガード】
ジェームズ・ハーデン

1989年8月26日生。196cm・100kg
在籍期間:8シーズン(2012年~現在)
成績:606試合、平均29.6点、5.3リバウンド、6.3アシスト

「彼はマイケル・ジョーダンやウィルト・チェンバレンと同じレベルにある」とアキーム・オラジュワンがつい最近語った通り、こと攻撃力に関して言えば、この“髭男”がNBA史上有数であるのは間違いない。17-18シーズンに平均30.4点で得点王となり、MVPも受賞すると、続く18-19シーズンは36.1点。86-87シーズンのジョーダン(37.1点)以来となる高数値を叩き出した。

 相手が少しでも隙を見せれば3ポイントを打ってくる(ただし成功率は特別高くない)かと思えば、ペイントに切り込んでファウルを貰い、フリースローに持ち込むのも得意中の得意。中断している今季も含めると、15年から6年連続で最多フリースロー試投&成功、3ポイントも3年続けて最多試投&成功となっている。17年にはアシスト王に輝き、通算アシスト数でもロケッツの球団記録保持者であるように、単なる点取り屋ではない。かねて批判の多いディフェンスも本気で取り組めば水準以上と評価されている。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング