専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

オランダ代表の“名勝負“5選――伝説となった二つのボレー弾。強烈すぎたファン・バステンとベルカンプの輝き

遠藤孝輔

2020.07.17

ソ連戦でファン・バステン(右)が決めたボレーは、「フットボール史上最高のゴール」のひとつと言われている。(C)Getty Images

ソ連戦でファン・バステン(右)が決めたボレーは、「フットボール史上最高のゴール」のひとつと言われている。(C)Getty Images

“トータルフットボール“に端を発する攻撃サッカーで世界中のファンを魅了してきたオランダ代表。その歴史のなかから「名勝負」をピックアップするとしたら、どの試...
“トータルフットボール“に端を発する攻撃サッカーで世界中のファンを魅了してきたオランダ代表。その歴史のなかから「名勝負」をピックアップするとしたら、どの試合になるのか。欧州サッカーに精通する識者に、とりわけ強烈なインパクトを残した5試合を選んでもらった。

    ◆    ◆    ◆

1974年7月3日 西ドイツW杯2次リーグ
vsブラジル 〇2-0
得点者/オランダ=ニースケンス、クライフ

 全世界のサッカー史を紐解いても、歴史的な転換点、エポックメイキングな出来事として語り継がれるのがこのブラジル戦だ。

 過去4大会のうち3度の優勝実績を誇る王国セレソンに対し、オランダは実に7大会ぶりの出場(それも過去2回の出場は初戦敗退)という“小国”に過ぎない。しかし、凱歌をあげたのはオレンジだった。

 いまでこそ当たり前になった全員守備・全員攻撃の革新的な「トータルフットボール」を展開し、王国と五分以上に渡り合うと、後半に“フライングダッチマン”が魅せる。先制点をアシストしていたヨハン・クライフが、70分に華麗なジャンピングボレーを披露。2点差となるこの一撃で勝敗は決し、オランダは強豪国の仲間入りを果たすことになった。
 
1988年6月25日 EURO決勝
vsソ連 〇2-0
得点者/オランダ=フリット、ファン・バステン

 オランダ史上初となるメジャートーナメント制覇を成し遂げた記念碑的な試合であると同時に、「フットボール史上最高のゴール」のひとつが生まれた一戦だ。

 オランダの1点リードで迎えた54分、左サイドから山なりのクロスが上がる。これに反応したのがファーサイドに走り込んだ“20世紀最高のストライカー”だった。

 ゴールに対してほとんど角度のない位置から、マルコ・ファン・バステンが右足を一閃。フィニッシャーとしての卓抜したスキルと、常人には思い浮かばない発想による伝説のダイレクトボレーで、チームに貴重な追加点をもたらしたのである。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング