専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「めったにしない」交代策が奏功。3連勝に導いた三苫薫に各国メディアが賛辞!オマーン紙も「ゴールデンパス」

THE DIGEST編集部

2021.11.17

攻撃を活性化した三苫の活躍に賛辞が止まない。(C)Getty Images

攻撃を活性化した三苫の活躍に賛辞が止まない。(C)Getty Images

 現地時間11月16日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選が行なわれ、日本代表は1-0でオマーン代表を下して、グループBの2位に浮上した。

 敵地マスカットのスルタン・カブース・スポーツ・コンプレックスで開催された一戦は、残り試合をひとつも落とせない日本にとっては非常に厳しいものになると予想されていた。実際、ボールポゼッションでは相手を上回るも、相手の堅守にチャンスを作り出せないまま前半を終え、選手交代で活路を見出そうとした後半もなかなかゴールをこじ開けることができずにいたが、81分、左サイドでの中山雄太と三苫薫という交代組の連係から上がったクロスを伊東純也がダイレクトボレーで押し込み、この試合唯一のゴールを決めた。

 勝点1差の2位オーストリアが中国と1-1で引き分けたことで、逆転で本大会出場圏内に入った日本について、アジア・サッカー連盟(AFC)は公式サイトで、「サムライブルーは残り4試合の段階で2位に浮上」「イトウのゴールは日本に3連勝をもたらし、ハジメ・モリヤス監督のチームは9月に敗れたオマーンへの報復を果たすとともに、カタール2022に向けて勢いを増した」と報じている。
 
 ホームで雪辱を許す形となったオマーンのメディアでは、日刊紙『OMAN DAILY Observer』が決勝ゴールを被弾した場面について「残り10分で日本のFWはオマーン・ゴールに向けてプレッシャーを強め、ペナルティーエリアに侵入したミトマのゴールデンパスによるアシストを受け、イトウがネットを揺らした」と伝え、同じく日刊紙の『Al Watan』は自国目線で「オマーンは日本のクリーンなゴールで敗れ、厳しい状況に自身を追い込んだ」とネガティブに綴った。

 一方、3位に転落したオーストラリアのメディアも、ライバルの結果に反応。日刊紙『The Guardian』の豪州版は、自国の状況とまじえて「中国と引き分けた後、日本がオマーンに勝ったことで、グラハム・アーノルド監督率いるサッカールーズは(今予選で)初めて、自動本大会出場圏から転げ落ちた」「日本に対しては来年(3月24日)に直接対決で挽回するチャンスがあるとはいえ、5大会連続のW杯出場は、ナイフのエッジの上に立つような危うい状況となっている」と、今後に向けて悲観的な展望を示している。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング