専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「日本を水からワインに変えた」三苫薫のドリブルに伯メディアが驚愕!一方で指揮官へは苦言「スタメンを1人しか変えなかった」

THE DIGEST編集部

2021.11.17

途中出場で決勝点をアシストした三苫。「1対1で違いを生み出していた」と伯メディアも褒めちぎった。(C)Getty Images

途中出場で決勝点をアシストした三苫。「1対1で違いを生み出していた」と伯メディアも褒めちぎった。(C)Getty Images

 苦しみながら今回も勝点3をもぎ取った。

 サッカー日本代表は現地11月16日にワールドカップアジア最終予選でオマーン代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 ベトナム戦に続き、この試合でも終盤までスコアレスが続くなど、日本には苦しい展開となったが、途中出場の三苫薫のクロスを伊東純也が叩き込み、敵地での連勝に繋げた。

 この結果とともにグループ2位につけいていたオーストラリア代表が中国代表と引き分けたため、日本は2位に浮上、アウェー2連戦を最高の結果で乗り切ることとなった。

 特に初代表・初出場の三苫の活躍は、今後へ向けても頼もしい存在であることが示された。後半からピッチに立つと最初のプレーで挨拶代わりのドリブルで仕掛け、敵陣深い位置でファウルを獲得。再三にわたるドリブル突破は、明らかにこれまでの日本には無かったリズムを生み出していた。

 この三苫のプレーには海外からも称賛の声が上がっている。伯メディア『globo.com』は勝利に導いた三苫のプレーを讃えるとともに、日本の試合内容を様々なコメントでレポートしている。

 同記事では冒頭から「サムライブルーデビューのミトマが勝利をお膳立てした」と綴られており、「才能ある左ウイングの加入は、日本チームを水からワインへと変えた」との表現で三苫の効果的なプレーを評している。
 
 さらに「ボールを持つと、必ずドリブルで少なくとも一人は抜き去り、危険な状態を作り出していた」と分析している他、「1対1で違いを生み出していた」と今回の立役者の活躍を振りかえった。

 一方で、森保一監督へは複雑な内容の言葉が並んだ。先発メンバーについては「モリヤスは先週のベトナム戦での激闘を経て、スタメンを1人しか変えなかった」として出場停止の守田英正以外の10人が同じ顔ぶれだったことを指摘。また「オマーン戦のメンバーを発表時、JFAのソーシャルメディアへの投稿に『オヤスミナサイ』というシンプルな反応を示した人がいた」と日本のSNSの内容を取り上げ、選手起用に苦言を呈した。

 これ以外でも、後半途中のたび重なる戦術変更を「モリヤスは同じ試合で2回もフォーメーションを変えた? 奇抜な発想だ」と驚きとともに伝えている。

 新たな戦力による目覚ましい活躍が見られた今回の戦いだったが、海外メディアからの指揮官への評価は決して高くはないようだ。最終予選は残り4試合。W杯へ向かう戦いの行方はまだ見えてこない。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング