専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

森保ジャパンに完敗。中国メディアは母国代表に「日本との間に生じた絶対的な強さとのギャップに直面した」と皮肉!

THE DIGEST編集部

2022.01.28

相手に反撃の余地すら与えない勝利を飾った日本。この敗北に中国メディアもショックを隠さなかった。写真:金子拓弥 (THE DIGEST/JMPA代表撮影)

相手に反撃の余地すら与えない勝利を飾った日本。この敗北に中国メディアもショックを隠さなかった。写真:金子拓弥 (THE DIGEST/JMPA代表撮影)

 危なげない完勝劇だった。1月27日に行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選で、中国代表と対戦した日本代表だ。

 序盤から攻勢を強めた森保ジャパンは、中国を一切寄せ付けなかった。13分に大迫勇也のPKで先制すると、一気にゲームを掌握。61分に途中出場の中山雄太のクロスに伊東純也が見事なヘッドで合わせて追加点を奪って趨勢を定めた。

 守備ではシュート2本(枠内シュート0本)に抑え込み、スコア以上の差を見せつけた日本。そんなサムライブルーの力を目の当たりにした中国では失意の声が一夜明けても収まる気配がない。地元有力紙『新浪体育』は、「無力なサイクルだ。恥ずかしいプロセスは何も変わらない」と、この試合から始まったリー・シャオペン新体制を辛辣に批判した。

「異なる指揮官による、異なる戦略で、異なる戦術を用いたが、最終的にはより悪い結果になった。我々は日本サッカーとの間に生じた絶対的な強さとのギャップに直面し、できる変更は本当に限られ、前回対戦と同じような負け方を喫した」

【動画】中山のクロスにドンピシャのヘッド!伊東純也の鮮やかな3戦連発弾

 さらに同紙はダメ押し点を決めた伊東に「全力を尽くす速い馬は、自分の強みを理解し、個人で問題を解決した。我々の手に負えなかった」と脱帽したうえで、中国サッカー界の現状を皮肉った。

「我々の代表はサッカーを発展させる過程で、数えきれないほどのサイクルを繰り返してきた。日本や韓国、さらにはベトナムでさえも、一本の道に沿って着実に前進する方法を見出している間に、我々は『A代表やオリンピック代表をプレミアリーグに参戦させる』『降格をなくす』など、さまざまな工夫を凝らして“近道”を模索し続けている。この決断を下す人間は自分の考えこそ正しいに決まっていると考えている。だが、そうした“中国サッカーを愛する”人たちによって、時間を無駄に浪費するサイクルは繰り返されるのだ」

 この敗北によって5大会ぶりのワールドカップ出場が遠のいた中国。森保ジャパンに地力の差を痛感させられた彼らは、ここからいかに立ち直るだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「オノはマドリーに行けた!」元フェイエノールト幹部が小野伸二の“黄金期”を回想「常に日本代表に招集されて…」

【関連記事】中田英寿が演出した“伝説のスクデット”に伊メディアが再脚光!「トッティを外した瞬間から魔法を描いた」と絶賛
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング