専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

圧巻2G1Aの旗手怜央は「本当に恐ろしい」。元プレミア戦士が「まだ改善の余地があるなんて」と脱帽!

THE DIGEST編集部

2022.02.03

レンジャーズとのダービーで存在感を示した旗手。そのパフォーマンスに名手からも賛辞が集まった。(C)Getty Images

レンジャーズとのダービーで存在感を示した旗手。そのパフォーマンスに名手からも賛辞が集まった。(C)Getty Images

 世界が注目するビッグマッチでサムライがやってのけた。

 現地時間2月2日に開催された延期分のスコットランド・リーグ第22節で、日本人4人が所属する2位のセルティックは、2ポイント差で首位のレンジャーズとホームで対戦。3-0の快勝を飾り、首位に浮上した。

 スコットランドのナショナルダービーである“宿敵”との対戦で、セルティックに勝点3をもたらしたのは、旗手怜央だ。開始5分にCKのこぼれ球に反応し、ペナルティエリア外から右足を振り抜いて先制点を叩き出すと、42分にもエリア外から強烈なミドルシュートを突き刺した。

 さらに2分後には、左サイドから左足で絶妙なクロスを供給し、リエル・アバダのダメ押しの3点目をアシスト。2ゴール、1アシストという出色の活躍を見せた。

【動画】圧巻の2G1A! ダービーで見せた旗手怜央のハイパフォーマンスをチェック

 敵将のジョバンニ・ファン・ブロンクホルストが「思った通りにいかなかった」と嘆き、英紙『The Guardian』が「レンジャーズにとっては悲惨な夜だった」と指摘した一戦。そのなかで圧巻のプレーを披露した旗手への賛辞は止まない。

 元スコットランド代表MFで、エバートンなどでプレーした経験を持つジェームズ・マクファッデンは、英衛星放送『Sky Sports』の番組内で、「今夜のレンジャーズは、セルティックに対して完全に怯えていた。何人かの選手は最後まで試合に入り切れていなかった」と主張したうえで、殊勲者となった日本人アタッカーを絶賛した。

「信じられないほどに素晴らしいプレーを見せていた。セルティックは間違いなく新しいスターを見つけたと言っていい。恐ろしいのは、ポステコグルーが『ハタテはベストな状態からは何マイルも離れている』と言ったことだ。あれだけセンセーショナルなプレーを見せながら、まだ改善の余地があるなんてね。本当に恐ろしい選手だ」

 欧州挑戦後、公式戦4試合で3ゴールとハイパフォーマンスを見せ続ける旗手。24歳の日本人FWから、まだまだ目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】旗手怜央のセルティック初ゴールに各方面から賛辞!多様な活躍ぶりに「明らかに“ホンモノ”」

【関連記事】中田英寿が演出した“伝説のスクデット”に伊メディアが再脚光!「トッティを外した瞬間から魔法を描いた」と絶賛

【関連記事】「オノはマドリーに行けた!」元フェイエノールト幹部が小野伸二の“黄金期”を回想「常に日本代表に招集されて…」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング