専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「ハタテがいかに優れているか」旗手玲央が見せた紳士的な振る舞いをスコットランド・メディアが称賛!「滅多に見られない」

THE DIGEST編集部

2022.06.21

セルティックでコンスタントに結果を出した旗手は、久々に古巣・川崎の練習場に登場した。(C)Getty Images

セルティックでコンスタントに結果を出した旗手は、久々に古巣・川崎の練習場に登場した。(C)Getty Images

 欧州で激闘を繰り広げたサムライの休息だ。スコットランドの名門セルティックに所属する旗手玲央が古巣である川崎フロンターレの練習場を訪れた。その様子は同クラブの公式SNSなどでも伝えられている。

【画像】古巣を訪問し、リフレッシュした様子の旗手をチェック!

 配信された画像には、かつての練習グラウンドをバックにした旗手の姿が。そこにはセルティックでのシーズン中では見られない、緊張感の解けた柔らかな表情が映し出されている。

 旗手は昨年末にフロンターレからセルティックに完全移籍。1月に公式戦デビューを果たすと、2021-22シーズンは21試合に出場して4得点を記録するなど、チームの国内リーグ制覇に貢献した。

 欧州移籍直後から高いパフォーマンスを披露した旗手。その活躍は紛れもなくフロンターレで培ったスキルが土台となっている。プロ2年目から主力に定着した彼は、J1連覇を成し遂げるなど無敵を誇ったクラブの一翼を担った。

 今回のSNSには多くの好意的な反応が寄せられるなど、セルティックでの最初のシーズンを終え古巣への『帰還』を果たした旗手が、現在も関係者、サポーターから愛されていると改めて証明された。

 もちろんこの話題はスコットランド国内でもフォーカスされた。セルティックの専門メディア『67 HAIL HAIL』は「古巣を再訪したレオ・ハタテ、貴重な休息を取る」と、その様子を報じている。

 同メディアは「ハタテは2021年のJリーグ戦終了後に退団したため、元のクラブに本当に別れを告げることができなかった」と移籍時の経緯を振り返りながら、「今回スタジアムに戻り、正式な形でサポーターに別れを告げたとするこの行動は、ハタテがいかに優れた人物であるかを示した」と、旗手の人柄を称えている。
 また、同メディアは、旗手がフロンターレのチームスタッフ一人ひとりに挨拶したことにも触れ「大物サッカー選手が裏方のために時間を割く姿を見ることは滅多にない。レオのこうした姿勢には感心させられる」と述べて、こう締めくくった。

「来季はセルティック・パークで大きな役割を担うことになるが、肉体的にも精神的にも100%の準備ができていることが必要だ。オフシーズンの帰国が、彼にとって有益なものであったことを願っている」

 欧州での戦いが始まったばかりの24歳は、多くの人々に支えられ新たなシーズンへと向かう。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「もう僕らを嫌いにならないで」元韓国代表アン・ジョンファン、“遺恨”のイタリア戦が理由で解雇!? 20年前の日韓W杯を回想

【関連記事】「国民は多くを期待してない」本田圭佑がインド紙で日本代表のW杯を厳しく展望!「強い相手には良いプレーを見せている」と期待も

【関連記事】なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング