専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

W杯対戦国メディアが「日本を倒すのは簡単ではない」と警戒!エクアドル相手の苦戦には「岩にぶつかった」との表現も

THE DIGEST編集部

2022.09.29

エクアドエル戦で殊勲のPKストップを見せたGKシュミット。各国メディアも称賛する。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

エクアドエル戦で殊勲のPKストップを見せたGKシュミット。各国メディアも称賛する。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

 9月27日、日本代表はエクアドル代表とドイツ・デュッセルドルフで国際親善試合を行ない、0-0で引き分けた。

 カタール・ワールドカップ最終メンバー発表前の最後の一戦、森保一監督は4日前のアメリカ代表(2-0の勝利)から先発メンバーを入れ替えて臨んだが、南米予選4位通過の難敵の好守備によってボールをまともに保持できず、逆に幾度もピンチを迎える。後半は上田綺世の起用が奏功し、またエクアドルに疲れが見え始めたこともあって、敵陣に迫ることができたが、堅守は破れず。逆に終盤にPKを与えてしまったが、GKシュミット・ダニエルの好守で得点を許さなかった。

【動画】GKシュミットが絶体絶命の場面でファインセーブ! 
「米国戦での勝利に続き、日本はW杯のプレマッチを無敗で終えることとなった」と公式サイトで伝えたAFC(アジア・サッカー連盟)は、「シュミットがエクアドル戦で、引き分けという結果をもたらす」との見出しの通り、エネル・バレンシアのPKを止めた守護神を殊勲者と捉えている。

 エクアドルのグスタボ・アルファロ監督は、「両チームにとって良いリハーサルになった」と試合を終えて語り、米国のように日本との中盤の争いに負けることを避けるため、優位性を生み出すための起用を行なったことを告白。日本については、「チームとして非常にバランスが取れており、整然として、明確なアイデアを持っている」との印象を明かした(エクアドルの地元紙『EL COMERCIO』より)。

『EL COMERCIO』紙は、「前半の日本は、ペルビス・エストゥピニャンのミスによるストライカー古橋亨梧が不意打ちのシュートを放った場面しか、チャンスを創れず。後半は森保監督が状況を逆転させるためにチームに修正を加えたこと、エクアドルの守備の強度が低くなったことで、日本が素早いカウンターで奇襲を仕掛けられるようになった」と、試合を振り返っている。

 W杯本大会のグループリーグで対戦する国のメディアの反応を見ると、スペインのスポーツ紙『AS』は「日本は岩にぶつかった」と題した記事で、エクアドルの守備に苦しんだことを伝えた一方で、日本が怯むことなく、ボールを失ってもフィジカル面を活かしてこれに対応したこと、堅実なプレーで、戦術的にも柔軟性を示したことなどを評価した。

 また、PKストップを含む幾つもの好守で日本を敗戦から救ったシュミットについて、「試合のヒーローである守護神はW杯を前に、スペインに明確なメッセージを送った。日本を倒すのは簡単ではない、と」と綴り、グループリーグの最終戦で対戦する日本への警戒感を示した。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング