専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「日本が変わった」森保ジャパンがやってみせた“ドーハの歓喜”! ドイツ撃破の大金星に海外メディアも驚嘆「不思議な試合だ」【W杯】

THE DIGEST編集部

2022.11.24

浅野のゴラッソでドイツを打ち破った日本。その快勝劇に英メディアも賛辞を送った。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

浅野のゴラッソでドイツを打ち破った日本。その快勝劇に英メディアも賛辞を送った。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

 下馬評を覆したサムライたちが、強敵から大金星を挙げた。

 現地時間11月23日、日本代表はカタール・ワールドカップのグループEの初戦でドイツ代表と対戦し、2-1の逆転勝ちを収めた。

 日本にとって因縁浅からぬドーハを舞台に「奇跡」を起こした。キックオフ直後からボール支配で圧倒され、33分にギュンドアンのPKで先制を許したサムライブルーだったが、可変的な3バックシステムを用いた後半に盛り返す。すると、75分に堂安律が、83分には浅野拓磨が逆転弾をねじ込んだ。

 打ち込んだシュートは相手守護神マヌエル・ノイアーの好守にも幾度となく阻まれた。それでも積極果敢に戦い続けて勝点3をもぎとった森保ジャパンの快進撃に、海外メディアも驚きを隠さない。
 
 試合を速報していた英公共放送『BBC』は、「日本はわずか26%のポゼッションでドイツに敗北をもたらした。ギュンドアンの先制点でドイツが優位に立っていたのは遠い昔のように感じる」とレポート。さらに同局の解説を務めた元イングランド代表FWクリス・サットン氏は「なんて奇妙なワールドカップで、なんと不思議な試合だろう」と分析。次のように日本のアップセットを説いた。

「前半は完全にドイツが支配していた。だけど、後半になってから突然、日本が変わったんだ。闘えることを見せ始めたんだよ。そしてアサノが見事なフィニッシュで、ノイアーの牙城を打ち崩した。ドイツは自暴自棄になり、ハンジ・フリック監督の交代策もむなしく終わった。このグループは実に興味深い」

 内容では圧倒された。それでも屈せず、ドイツから国際Aマッチでは初の白星を飾った日本。彼らの快進撃は世界を大いに驚かせている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「なんという精神だろうか」日本人サポの“ゴミ集め”に英米メディアも称賛!他国に「我々も変わるべきだ」と訴え

【関連記事】「お前は勝てない!」サウジDFが“失意”のメッシに予期せぬ挑発! 逆転直後の行動が話題に「礼儀を欠いた」

【関連記事】水道から茶色の水が! 物議を醸すカタールW杯の宿泊施設に非難殺到。予約をキャンセルする利用者も「耐えられない」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング