専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

“大迫半端ない”彷彿させた!? 浅野拓磨の絶妙トラップ&決勝弾に大反響! 海外メディアも驚愕「一体どうやったんだ?」【W杯】

THE DIGEST編集部

2022.11.24

浅野が見事なトラップからの巧みなシュートで決勝点を挙げた。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

浅野が見事なトラップからの巧みなシュートで決勝点を挙げた。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

 日本が世界に衝撃を与えた!

 カタール・ワールドカップ(W杯)グループE初戦の日本対ドイツが現地時間の11月23日に行なわれ、日本が2対1の逆転勝利を収めた。

【動画】「大迫半端ないって!」を彷彿させた浅野拓磨の驚愕トラップからの決勝弾
 待望の決勝点は、MF堂安律の同点弾から8分後の83分に生まれた。最終ラインからの板倉滉のロングフィードにFW浅野拓磨が反応。相手の裏のスペースに入り込んだ浅野は、絶妙なトラップでゴール方向へ抜け出すと、迫り来るDFを巧みにブロックしながら持ち上がり、GKマヌエル・ノイアーの肩口を抜くシュートでゴールネットを揺らした。

 このゴールが決定打となり、日本は貴重な勝点3を獲得したのだが、浅野のトラップからシュートまでの一連のプレーには、ネット上でも数多くの絶賛のコメントが踊っている。

 とりわけ、後方からのロングフィードを絶妙なファーストタッチで収めたプレーには、「神トラップ」「トラップうますぎ」「見事なトラップで勝負あり」といったコメントとともに、「浅野半端ないって 後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん!www」「トラップは大迫半端ないを彷彿させましたわ」「大迫ハンパねえのトラップだよ。驚いた!」など、冬の高校選手権における“名言”を引き出すこととなった大迫勇也の鹿児島城西高時代のプレーに思いを馳せるコメントも見られた。

 また、浅野のプレーには海外メディアも驚愕している。英国メディアのセバスチャン・スタッフォード=ブロア記者はドイツが「ひどい守備だった」としながらも、「しかし、しかし、しかし、浅野のファーストタッチを見て」と興奮気味にレポート。さらに、米スポーツメディアのESPNもドイツ戦の勝利を伝える記事で「これは一体どうやって入ったんだ?」と浅野のトラップからシュートまでのシーンに驚きを見せている。

「チャンスがあればシュートを打つことだけは決めていた」という浅野。国内外に衝撃を与えた一発は、グループリーグ突破を大きく引き寄せるビッグプレーとなったことは言うまでもない。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「お前は勝てない!」サウジDFが“失意”のメッシに予期せぬ挑発! 逆転直後の行動が話題に「礼儀を欠いた」

【関連記事】「え、チアゴ来ないの!?」冨安健洋がスペイン紙の取材で見せた反応に英メディアが注目!「トミは唖然とした」【W杯】

【関連記事】水道から茶色の水が! 物議を醸すカタールW杯の宿泊施設に非難殺到。予約をキャンセルする利用者も「耐えられない」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング