専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「本当に素晴らしい」止まない森保ジャパンへの称賛とドイツへの失望の声。英識者は「日本戦の敗北が全て」を指摘【W杯】

THE DIGEST編集部

2022.12.02

スペイン撃破で歓喜に沸いた日本イレブン(左)。一方でグループ敗退が決定したドイツの面々は一様に沈痛な面持ちを浮かべるしかなかった。(C)Getty Images

スペイン撃破で歓喜に沸いた日本イレブン(左)。一方でグループ敗退が決定したドイツの面々は一様に沈痛な面持ちを浮かべるしかなかった。(C)Getty Images

 快進撃を見せる日本に世界からの賛辞が止む気配はない。

 現地12月1日、日本代表はカタール・ワールドカップの第3戦をスペイン代表と戦い、2-1の逆転勝ち。通算2勝1敗の勝点6でグループEを首位で突破し、2大会連続のベスト16進出は果たした。

 試合序盤の展開は決して良くはなかった。キックオフ直後から流麗なパスワークを前に防戦一方となると、11分にアルバロ・モラタにヘディングでの先制弾を献上。なおも、80%以上もボールを支配されてしまう。

 逆転へのキッカケとなったのは、指揮官の采配だ。森保一監督が三笘薫と堂安律をハーフタイムに同時投入する積極的な交代策で後半にサムライブルーは盛り返す。投入間もない48分に堂安が同点弾を決めると、3分後には田中碧が逆転弾をねじ込んだ。

 その後のスペインの反攻も身体を張った守りでしのぎ切った日本。大会初戦のドイツ戦でも魅せたアップセットを、ふたたび“無敵艦隊(スペイン代表の愛称)”を相手にやってのけたのである。
 
 サムライたちの躍動は、世界からも称賛されている。英公共放送『BBC』のコメンタリーを務めた元女子イングランド代表GKのカレン・バーズリーは「日本代表は本当に素晴らしい。このグループがカオスになったのは、すべて彼らの功績」と絶賛。さらに「コスタリカにああいう形で負けたのは不思議だったけど、彼らは大事なときにボールをゴールへ押し込んだ」と効率性の高いパフォーマンスを褒めちぎった。

「日本はすべての試合で大事なときに効果的な選手交代を行ない、ほとんどのチャンスを生かした。規律も正しくて、組織的で、誰もがゲームプランを理解し、それを可能な限り忠実に実行できていた」

 同じく『BBC』で解説を務めた同局の名物MCであるコナー・マクマナラ氏は「ドイツにとっては日本戦での敗北がすべてだ。あれがあらゆる物事を変えた」と、グループ3位に沈み、2大会連続でグループ敗退の憂き目に遭った欧州の雄を分析した。

「そもそもドイツはこのような状況に追い込まれるべきではなかった。もしも、あの日本戦で1点のリードを守り切る仕事をやり遂げていたら、今夜のようなドラマ、ひいては屈辱に耐える必要はなかったはずだ」

 世界の予想を裏切るドイツの早期敗退、そして日本の飛躍。その結果に対する反響はしばらく収まりそうにない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「信じられない! 同じ日本と認識できない」森保ジャパンのスペイン撃破に世界も衝撃! 英放送局は「モリヤスは戦術の天才だ」

【関連記事】森保ジャパンが決勝Tで激突するのはクロアチア! 闘将モドリッチは日本戦に「難しくなる」と早くも警戒!

【関連記事】「まさに地獄だ」カタールW杯のファン宿泊施設に非難轟々! 日本人利用者からも嘆きの声「ここにいたくない」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング