専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
Jリーグ・国内

来季のJクラブ内定選手でベストイレブンを選出!プロレベルでも通用するルーキーは?【大学編】

内藤悠史

2019.12.21

ユニバーシアード代表として活躍した面々に加え、すでにJデビューしている選手も選出。(C)JUFA/REIKO IIJIMA、THE DIGEST写真部

ユニバーシアード代表として活躍した面々に加え、すでにJデビューしている選手も選出。(C)JUFA/REIKO IIJIMA、THE DIGEST写真部

 今季も各ポジションで実力者がJクラブに加入内定し、ベストイレブンの選考には頭を悩ませた。選出基準としたのは“注目度”。ユニバーシアード代表として大会制覇...
 今季も各ポジションで実力者がJクラブに加入内定し、ベストイレブンの選考には頭を悩ませた。選出基準としたのは“注目度”。ユニバーシアード代表として大会制覇に貢献した面々を中心に、特別指定選手としてJデビュー済の選手も加えた。

 システムは“超攻撃的”な4-1-4-1。2列目の4人はスピードと突破力に秀でたアタッカーで、ボールを持てばどこからでも仕掛けられる。特にインサイドハーフに並ぶ旗手と三笘の川崎加入内定コンビは、6月のトゥーロン国際大会でもその能力を遺憾なく発揮してみせた。特別指定選手として、横浜FCでゴール量産している松尾、鳥栖でJ1初得点を決めた林、天皇杯でG大阪の守備陣を翻弄した紺野は、プロレベルでも十分に通用するプレーヤーだ。
 
 守備ユニットも実績は十分。アンカーは特別指定選手としてFC東京でJ1デビューした安部をチョイスし、最終ラインはユニバーシアード優勝メンバーの5人を揃えた。今季の関東大学リーグで優勝した“明大の両翼”の中村と森下を両SBに置き、CBは筑波大で関東大学リーグとインカレ制覇を経験している山川、そしてU-22代表ではボランチも務める田中を選んだ。さらに最後尾では、ユニバーシアード代表で正守護神を務め、的確な指示が光った阿部をセレクトした。大学編で選んだ11人は来季、各Jクラブで即戦力として期待できる。

【ベストイレブン選出者の寸評】
GK 阿部航斗(筑波大→新潟)
安定感抜群のキャッチング、ピッチ全体に響き渡るコーチングで後方から守備を支えるGKだ。

DF 森下龍矢(明治大→鳥栖)
カットインからのミドル、正確なクロスを併せ持つ。明治大ではウイングバックが主戦場だ。

DF 田中駿汰(大阪体育大→札幌)
対人の強さに加え、左足から繰り出す多彩なパスで攻撃の起点にもなる。ボランチも対応可だ。

DF 山川哲史(筑波大→神戸)
激しく、かつクレバーな守備力で、特に1対1で鉄壁のディフェンスを見せる。空中戦も強い。

DF 中村帆高(明治大→FC東京)
スピードに乗った攻撃参加でサイドを切り裂き、粘り強いカバーリングで守備でも貢献できる。
 

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RECOMMENDオススメ情報

RANKINGランキング