専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

東京五輪で日本のメダル獲得の可能性は何%? アルゼンチン戦で得た「自信」が「過信」にならなければ…

サッカーダイジェストWeb編集部

2021.04.06

エースとして期待される久保は「アルゼンチンとは力が拮抗している」と語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

エースとして期待される久保は「アルゼンチンとは力が拮抗している」と語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

 正直、初戦を見た限りでは、メダル獲得はかなりハードルが高いという印象だった。だが、この試合のようなプレーができれば、決して夢物語ではないだろう。

 もちろん、アルゼンチンの来日メンバーはベストとはほど遠く、移動の疲れがあったのも事実。2戦目は日本が久保と板倉以外の9人を入れ替えてフレッシュだった一方、アルゼンチンは4人のみで、それがインテンシティの差に影響したのも明らかだ。

 それでも、日本の若武者たちは「自信」を手に入れた。たかが親善試合の1勝かもしれないが、相手がベストメンバーではなかったかもしれないが、優勝候補を破ったという自信は、間違いなくプラスになるだろう。このチームは2019年10月に敵地でブラジルを破って世界に驚きを与えてもいる。五輪本大会のポッド分け(最近の五輪の成績により決定)で、開催国の日本や韓国とともにポット1に入った南米の2大大国に土をつけているのだ。
 
 ホームアドバンテージも考えれば、この「自信」が「過信」にさえならなければ、メダル獲得の可能性は、30%はあるのではないだろうか。もちろん、希望するオーバーエイジの選手を招集できる、というのが条件にはなるが。

 限りなくゼロに近かった金メダルの可能性も高まった。10%とまではいかないが、5%ぐらいはあると言っていいか。もちろん簡単ではない。ただ、アルゼンチン戦で掴んだ自信は、かならず檜舞台で活きるはずだ。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)
NEXT
PAGE
【動画】林の鮮烈弾と板倉の2発で南米王者を撃破! アルゼンチン戦のハイライト

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング