専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

南野拓実の株価が急上昇?「ビッグ4」不在時も「彼がいれば十分」とレジェンドが太鼓判!現地メディアも起用を提言

THE DIGEST編集部

2021.10.15

 このアフリカ勢の離脱に対しては、他のメディアも言及しており、専門サイト『THE BOOT ROOM』は、今季はリバプールがリーグタイトルを取り戻す絶好の機会であると捉えており、その中でサラー、マネの代役を務める可能性がある南野には、大きなプレッシャーがかかるため、少しでもその状況に慣れさせるためにも、「今すぐにでもプレー時間を南野に与える必要がある」と訴えている。

 では、南野をいつ起用するか? これに言及したのがリバプールの専門メディア『TAW』で、「明白な答えのひとつはカラバオ杯(4回戦プレストン・ノースエンド戦は10月27日開催)だが、それでは十分ではなく、FAカップも候補に入る。リバプールで出場機会を得るのは簡単なことではないが、クロップ監督は長期的なビジョンから、これを解決したいと考えているだろう」と綴っている。

「プレーに多様性があり、チャンスを活かして試合に影響を与えることができることを証明した」と同メディアからも評価され、サラーとマネの穴を埋める存在として信頼も寄せられている南野だが、日本代表も来年1月末からは中国(1月27日)、サウジアラビア(2月1日)とのW杯予選が控えており、怪我やコンディション面でクロップ監督は不安を抱えることになりそうだ。
 
 一方で、専門メディア『LIVERPOOL.COM』は、サウジアラビアの政府系ファンドに買収されたニューカッスルが、潤沢な資金によって戦力の「爆買い」を敢行すると予想。アレックス・チェンバレン、オリギ、そして南野も彼らのターゲットとなるかもしれないとして、冬の移籍市場での退団の可能性も示唆している。

 いずれにせよ、どれも南野の実力が認められてのことであり、この良い流れを維持し、ピッチ上で結果を残しながら、その価値を高めていくことが期待される。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング