専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

“3人の子の母親”になった後も燻るプレーヤーの本能とテニスへの情熱。復活のクリステルスを後押ししたのは…

内田暁

2020.02.20

長年復帰への想いを燻ぶらせていたというクリステルス。それを燃え上がらせたのは、娘からの後押しだった。(C)GettyImages

長年復帰への想いを燻ぶらせていたというクリステルス。それを燃え上がらせたのは、娘からの後押しだった。(C)GettyImages

 その想いはこの2年ほど、彼女のなかで熾火のように、静かに、だが常に熱く熱を帯びていたという。 「私は解説者や“レジェンド”ではなく、テニスプレーヤーなんだ...
 その想いはこの2年ほど、彼女のなかで熾火のように、静かに、だが常に熱く熱を帯びていたという。

「私は解説者や“レジェンド”ではなく、テニスプレーヤーなんだ……」
 
 グランドスラムのレジェンドマッチや、チャリティーイベントなどでコートに立つたび、その想いは確信度を増していく。だが、ウェアから私服に着替え家に帰れば、3人の子どもの母親という現実が彼女のプライオリティだった。

「子どもたち……特に一番下の子は、まだ私との時間が必要な時期だもの」
 子どもたちの顔を見るたび母の喜びが胸を満たすが、それでも想いは日常に埋没することなく、ふとした拍子に再び表層化し、彼女の“プレーヤー”の本能を刺激した。

 そうして下の子が2歳を迎えた頃、熾火は実現の可能性へと燃え移り、激しい炎へと変わる。2歳という数字は、10年前に彼女が最初の現役復帰生活を送った時の、長女の年齢だったからだ。
 
「復帰しようかと思ってるんだけれど、どう思う?」
 キム・クリステルスが家族にそう切り出したのは、2019年1月のことだった。
「ママがやりたいことをやって!」
 その言葉で母の背を押してくれたのは、かつて世界を共に旅した、長女のジェイダだったという。

 思えばジェイダはいつも、母のアスリート魂を揺り動かしてくれる存在だった。復帰を決意し、本格的にトレーニングを再開した時には、バスケットボールをしているジェイダと一緒に、ジムでエクササイズやストレッチもしてきた。そうして娘と並んで身体を動かしていると、ふと、懐かしさに胸を撫でられることがある。

「私が小さい頃にも、ケガをしてリハビリをしていた父親と一緒に、トレーニングしたことがあったな…」
 クリステルスの父のレイは、40の代表キャップと2度のワールドカップ出場を誇る、かつてのベルギーのトップサッカープレーヤー。その、亡き父と過ごしたかつての自身を今の娘に重ねながら、「過去と現在はつながっているんだな…」と時に感じ入るのだと彼女は言った。
 
NEXT
PAGE
【次ページ】家族への相談から8カ月。そして彼女は…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング