専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「印象的、感動的、エキサイティング!」池江璃花子、驚愕の“スピード復活”を米国メディアが手放し称賛!「彼女は格別」

THE DIGEST編集部

2021.02.13

池江の復活劇は世界でも注目を集めている。(C)Getty Images

池江の復活劇は世界でも注目を集めている。(C)Getty Images

 2月7日、東京アクアティクスセンターで行なわれた『ジャパンオープン』で、白血病からの完全復帰を目指す競泳の池江璃花子(ルネサンス)は女子50メートル自由形に出場。24秒91の学生新記録で2位に入り、復帰後では初となる表彰台に上った。

【PHOTO】いつもその笑顔に癒される…完全復活を期す“池江璃花子”の特選フォトギャラリー

 この快挙を、米国の競泳専門メディア『SWIM SWAM』のジャレッド・アンダーソン記者は「称えるべきは24秒台に戻ったこと」と評し、驚愕の復活劇をレポートしている。

 2018年時点での池江を「地球上のベストスイマーの一人として地位を確立しつつあった」とした同記者は、2019年2月に急性リンパ性白血病が発覚した時に「彼女の将来に暗雲が垂れ込めたと感じた」と振り返る。ところが、そんな記者の懸念をよそに「実戦から1年半離れたのち、池江は2020年に見事カムバックを果たしたのである」。

 そして先日の『ジャパンオープン』で、復帰後初めて25秒を切る24秒91をマークしたことを「間違いなく素晴らしい泳ぎだった」と称賛。「2021年では世界で3番目のタイム」であり、「2020-2021シーズン全体で見ても世界15位で、2019年の世界選手権で準決勝に進出できる好タイムだ」と続けた。
 
 最後には「印象的で感動的でエキサイティング! 池江の泳ぎはあらゆる意味で格別だ。彼女はまだ20歳であり、誰も予想だにしなかったスピードで世界のエリートへと返り咲きつつある。今回のレースでそれを示した。影響はプール内でのインパクトにとどまらない。輝けるヤングスターが健康になって復活を遂げた事実は、競泳界にとって朗報でしかないからだ」と力を込めた。

 池江の次戦は20日に開幕する『東京都OPEN』。復帰後初めてバタフライ(50メートル、100メートル)に挑戦する予定だ。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE
【画像】学生新記録で2位に輝いた池江の姿

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング