専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

アルファタウリの角田裕毅は初日から走行!要注目のF1プレシーズンテストは12日よりバーレーンでスタート

THE DIGEST編集部

2021.03.12

アルファタウリは、初日がピエール・ガスリー、2日目が角田、そして3日目は半日ずつで出走する。(C)Getty Images

アルファタウリは、初日がピエール・ガスリー、2日目が角田、そして3日目は半日ずつで出走する。(C)Getty Images

 2021年F1世界選手権は3月28日のバーレーン・グランプリで開幕するが、その前の大事な調整の機会として、12日から3日間、全チームが参加してのプレシーズンテストがバーレーンで開催される。

 2年前は4日間を2回の計8日、昨年は3日間を2回の計6日が直前テストに充てられていたが、今季はレース数増加などの事情により大幅に短縮されてわずか3日のみ。それを2人のドライバーが分け合って走行することになる。

 アルファタウリのチームプリンシパルであるフランツ・トストは、「1.5日で準備をするのは不可能」と語っていたが、とりわけルーキーの角田裕毅にとってはあまりに大きなハンデとなるため、チームは1月、2月と旧型マシンを使ってのプライベートテストを、様々な障壁を乗り越えて実施したのである。
 
 また今回のプレシーズンテストで昨年までと異なるのは、会場がスペイン・バルセロナからバーレーンのサヒールに変更されたこと。これにより、以前のように各チームが本拠地で部品を改良してすぐに会場に運ぶということは難しくなったが、一方で開幕戦と同じバーレーンでのテストということで、気候や路面状況への対応など、本番に向けて準備がしやすくなったという利点もある。

 間もなくスタートするこの注目の最終テストに向けて、カナダの専門メディア『Pole Position』は「今週末のテストについて知っておくべきこと」を特集している。

 今季は2020年のシャシーを継続して使用することの他、ダウンフォースの減少などが定められているが、その恩恵を受ける可能性があるのは、フェラーリ、アルファロメオ、ハースだという。また、パワーユニット・サプライヤーを唯一変更したマクラーレン(ルノー→メルセデス)にも要注目だと同メディアは主張する。

 そして、各チームの2人のドライバーの走行スケジュールも明らかにしており、アルファタウリでは、初日の午前中がピエール・ガスリーで午後が角田、2日目は午前が角田で午後がガスリー、そして3日目は再び午前がガスリーで午後に角田が出走することになる。彼らのシニアチームであるレッドブルは、エースのマックス・フェルスタッペンが初日に登場、翌日に新加入のセルジオ・ペレスがマシンに乗り込む。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング