専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

注目のF1ルーキーを蘭メディアが査定! “短命”角田裕毅への要求、“同僚に完敗”マゼピンの意外な評価は!?

THE DIGEST編集部

2021.06.03

ミック(左)、角田(中央)、マゼピン(右)の3人の“黄金ルーキー”は、順風満帆ではないが、あらゆる話題を振りまいている。(C)Getty Images

ミック(左)、角田(中央)、マゼピン(右)の3人の“黄金ルーキー”は、順風満帆ではないが、あらゆる話題を振りまいている。(C)Getty Images

 F1はここまで5つのレースを終えたが、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅、ハースのミック・シューマッハー、ニキータ・マゼピンというルーキー3人は、いかなるパフォーマンスを発揮してきただろうか。

 彼らについて、オランダの専門メディア『F1MAXIMAAL.NL』は、そのドライビングやチームメイトとの比較により、現時点での評価を下している。

 シーズン前に最も高い期待を受けていた角田だが、同メディアは「バーレーンでの最初のレースで9位フィニッシュを果たしたものの、その後は順風満帆とはいかず、そのフォームは短命だった」と日本人ドライバーのここまでを総括。「イモラとモナコで際立ったパフォーマンスを見せ、特にモンテカルロでは絶対王者ルイス・ハミルトンを抑え切った」チームメイト、ピエール・ガスリーとの差(ポイントでは2と16)の大きさを強調した。

 一方、互いに同僚となるミックとマゼピンは、「最悪の車によってドライビングに苦労」しており、ここまでポイント獲得は望むべくもなく、ドライバーとコンストラクターの両方で最下位が定位置となっている。他チームとのバトルが見られない中、チーム内対決が最大の注目点となったが、そこでは「皇帝」の息子であり、F2を制してF1に昇格してきたミックが、ロシア人ドライバーに大きな差をつけた。
 
 ミックがマゼピンの後塵を拝したのは、モナコでの1回のみで、それはエンジントラブルに見舞われた結果だった。マゼピンが車のコントロールに苦しんでここまで10回もスピンを繰り返している一方で、ドイツ人は徐々に車に慣れ、ポルトガルGPではウィリアムズのニコラス・ラティフィを「美しく、そして車ではなく、自身の力で追い抜いた」。

 このような3人を比較し、同メディアは大方の見方と同様に、「ミックが最もルーキーの中ではうまくやれている」ドライバーだと判定。大きな評価ポイントとして、角田やマゼピンとは異なり、クラッシュやスピンに繋がる不必要なリスクを冒さないこと、そしてドライビングが一貫していることを挙げている。
【関連動画】モナコGPのハイライトシーン!オンボードカメラが捉えたベッテルとガスリーの大迫力バトルをチェック
NEXT
PAGE
マゼピンは「もう少し注意力を身につければ…」

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング