専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

“自信喪失”の角田裕毅、レッドブル首脳の指示で改善プログラムへ。蘭メディアは「ドライバー交代の検討」を主張

THE DIGEST編集部

2021.05.31

調子が下降線を辿っている角田。改善プログラムで上昇気流に乗れるか。(C)Getty Images

調子が下降線を辿っている角田。改善プログラムで上昇気流に乗れるか。(C)Getty Images

 今季、大きな期待を受けてF1デビューを飾ったスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、開幕戦バーレーン・グランプリで9位入賞と好スタートを切ったが、以降の4戦では気合が空回りしてミスを犯したり、グリップ不足で見せ場なくレースを終えたりしたほか、無線での粗暴な言動が話題になったりと、ネガティブな事象が続いている。

 チームやレッドブル・グループの首脳陣も「早いうちに表彰台にも上がれる」とルーキーイヤーからの活躍に太鼓判を押していたが、レースを重ねるごとにそれも変化し、レッドブルのヘルムート・マルコ顧問からは「角田は傲慢だ」「彼は規律を覚える必要がある」との厳しいコメントが発せられるようになった。

 そして、やや自信喪失気味のルーキーを再生させ、さらなる成長を促すために、マルコ顧問が動いた。専門メディア『Motorsport-Total』でのインタビューの中で、「我々はユウキをイタリアに移動させることを決定した。そこで彼は、フランツ・トスト(アルファタウリ代表)の監督下で集中力を高めさせ、プロスポーツ選手としての生活や仕事のやり方を学ぶことになる」と語ったのだ。
 
「これまでのところ、ユウキの成長がポジティブなものではないのは確かであり、幾つかのミスによって自信を失っているのも事実だ。ゆえに我々は(レッドブルの拠点である)イギリスのミルトンキーンズから、イタリアのファエンツァへと移す決断を下した」

 このように理由を語ったマルコ顧問。具体的には、トスト代表は「ファクトリーでデータを読むことを身につけるほか、トレーニング、カート、技術的な作業」などを監督することになるという。この処置は、「(角田を)うまくコントロールできるようにするというだけでなく、彼に強い安心感を植え付けるためでもある」と語った顧問は、「依然としてユウキのポテンシャルは高い」とポジティブな評価に変わりはないことを強調した。

 角田については、オランダのメディア『RN365』が「アレクサンダー・アルボンとのドライバー交代を検討するべきかもしれない」と主張。この日本人ルーキーの第2戦以降のパフォーマンスを「貧弱」と表現した同メディアは、通常ならそれも1年目であれば仕方のないこととするところが、今季はレッドブルがメルセデスを打ち負かす上でアルファタウリの援護も必要であり、「高速でパフォーマンスの高いセカンドドライバーが求められる」という。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング