専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「殴っても前にでてきた…」元十両のスダリオ剛はMMA初黒星! 裸締めで制したシビサイも「一発の恐さ」を称える

THE DIGEST編集部

2021.06.13

ヘビー級らしい迫力のある攻防を制したのは、「日本最強」のシビサイ(手前)だった。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

ヘビー級らしい迫力のある攻防を制したのは、「日本最強」のシビサイ(手前)だった。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

 日本ヘビー級の猛者が、逸材を相手に力強さを発揮した。6月13日、総合格闘技団体「RIZIN」のビッグマッチ『RIZIN 28』が開催され、シビサイ頌真(パラエストラ東京)が、元貴乃花部屋で十両力士の貴ノ富士だったスダリオ剛(フリー)とのド迫力の一戦を制した。

 デビューから3戦連続で1RKO勝ちと圧倒的強さを誇示しながらMMAのスターダムを邁進してきたスダリオは、序盤から自分自身の距離感を保ちながら冷静に試合を進めていく。一方で相手の右ストレートやワンツーへの対応に苦戦して疲労の色が濃くなっていったシビサイだったが、終盤に一瞬の隙を突く。

 3R1分40秒が過ぎた時だった。19歳から学んできたという柔術を利してグラウンドに持ち込んだシビサイは、リアネイキッドチョークでスダリオを捉えると、何とか堪える相手を一気に締め上げてタップを奪った。
 
 今年3月に宮本和志戦後にリング上で「ちゃんとしたファイターとやらせてください」とアピールしたスダリオとの対戦決定以来、「気持ちを切らさずに来た」というシビサイは、こう振り返った。

「苦しい試合だった。一発当たったら全てがひっくり返ってしまうような試合なので、そこだけはとにかく気をつけた。(スダリオは)一発、一発の恐さがあって見合ってしまった。身体が本当に強くて、殴っても前に出てくるし、倒れないなと思った。バックにつく形は何百回と練習してきたから自信はあった。今回は日本人同士でしたけど、自分は国内のヘビー級はみんな仲間だと思っている。やっぱりこの階級は世界じゃ日本人は勝てないと言われるので、みんなで団結して世界で戦いたい」

 怪我による長期離脱を余儀なくされてから1年半ぶりの参戦ながら、東京ドームという大舞台で地力の強さを発揮してみせた“100キロ超級日本最強”の男は、満足げな表情で会場を後にした。

取材・文●羽澄凜太郎(THE DIGEST編集部)

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング