専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

“悪しき歴史”の再現危惧も! ハミルトンとフェルスタッペンの今後に懸念の声「ペナルティーによる王者決定は望んでない」

THE DIGEST編集部

2021.07.22

フェルスタッペン(左)とハミルトン(右)。タイトルを争う両雄は、レース中の接触によって様々な問題を巻き起こしている。(C)Getty Images

フェルスタッペン(左)とハミルトン(右)。タイトルを争う両雄は、レース中の接触によって様々な問題を巻き起こしている。(C)Getty Images

 F1第10戦イギリス・グランプリのオープニングラップで起こった、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の接触は、大きな論争を巻き起こしている。
【動画】右リアが吹っ飛び、タイヤバリアに激突…フェルスタッペンとハミルトンの接触シーンはこちら

 スタート直後から熾烈なバトルを展開した両者は、ターン9のコプス・コーナーでハミルトンがインを突いたが、レースラインを辿ったフェルスタッペンとタイヤ同士が接触。レッドブルのマシンはグラベルを滑りながらタイヤバリアに激しくヒットし、フェルスタッペンは51Gもの衝撃を身体に受ける羽目となった。

 一方のハミルトンは、赤旗再スタート後に10秒加算ペナルティーを受けるも、順位を挽回して通算99勝目を母国の観衆とともに祝ったのである。

 レース後は、当事者同士が批判と自己弁護(正当性の主張)の応酬を展開。また、他のドライバーや関係者は様々な見解を示し、ファンやメディアの間では意見が真っ二つに分かれている。
 
 レッドブル側はハミルトンへのさらなる処分を求めて、法廷闘争も辞さない構えのようだが、現時点でドライバーズランキング、コンストラクターズランキングともに、両ドライバー、両チームの差は一気に縮まった。

 このように、チャンピオンシップにも影響を与えた今回の一件だが、F1テクニカルディレクターのロス・ブラウンは、今後の両者の争いについて懸念を示し、「クラッシュとペナルティーによって王者が決定されることは誰も望んでいない」と語っている。

「主人公同士がホイール・トゥ・ホイールのバトルを見せたが、今回は接触して終わり、マックスのレースが終わった。2人は半周の間、互いに激しく争ったが、それはスリル満点だった。もし、これが52周にわたって展開されたなら、今GPがどれだけドラマチックだったかと想像できるだろう。両者の接触については、どちらが悪いかなど様々な意見があるが、間違いないのは、人々がこのスリリングな戦いを奪われることを望んでいないということだ」

 このようにブラウンTDが語ったのは、彼自身がベネトン、フェラーリでスタッフのひとりとして現場に身を置いていた際、ミハエル・シューマッハーとタイトルを争うライバルとの接触によって後味の悪い思いをした経験があるからだろう。そして、英国の専門メディア『THE RACE』も、今季のチャンピオンシップが、1989、90、94、97年にように、アクシデントで勝者が決する悪しきケースに加わることを懸念している。

【PHOTO】歴代の名車がずらり!!F1世界選手権で成功を収めたマシンを一挙に紹介!!
NEXT
PAGE
疑惑のタイトルとなってしまう可能性が…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング