専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「もっとドンと来いよ!」名古屋決戦を前に石井智宏がEVIL&東郷を制裁!「俺がビビるようなことしてみろ」

どら増田

2021.07.23

シングル対決を前にEVIL&東郷を制裁した石井。バックステージでは「お前は俺に勝てねえ」とコメントした。(C)新日本プロレス

シングル対決を前にEVIL&東郷を制裁した石井。バックステージでは「お前は俺に勝てねえ」とコメントした。(C)新日本プロレス

 新日本プロレスは7月22日、大阪府立体育会館・第1競技場(エディオンアリーナ大阪)2連戦の初日として、『SUMMER STRUGGLE in OSAKA』を開催。第2試合では、棚橋弘至&石井智宏&YOSHI-HASHIの新日本本隊&CHAOSトリオが、KENTA&EVIL&高橋裕二郎のバレットクラブと対決した。

 7.24愛知県体育館大会で一騎打ちを果たす棚橋とKENTA、石井とEVILのダブル前哨戦は、序盤からバレットクラブがお馴染みのラフ殺法を駆使したチームプレーで攻め立てる。この暴挙に対して棚橋は石井の身代わりになる場面もあったが、終盤には連携を披露し、棚橋が鮮やかなハイフライフローで裕二郎から3カウントを奪取した。

 試合後、棚橋が場外のKENTAと視殺戦を繰り広げている間に、EVIL&東郷はリングインを試みる。しかしこの際、石井がロープを蹴り上げるとEVIL&東郷は股間をロープで痛打し悶絶。シングル対決を前に2人を制裁した石井は、NEVER無差別級6人タッグのベルトを手にクールな表情で引きあげた。

 バックステージで石井は「EVIL、もっとドンと来いよ、ドンと。俺がビビるようなことしてみろ」「そんなやわなことじゃ、俺は潰れねえんだよ」と挑発の言葉を並べると、「EVIL、お前忘れたかと思うからな、言っといてやる。お前は俺に勝てねえ。たとえ2人でも」と胸を張った。
 
 一方のEVILは、股間を押さえながら苦しそうな表情で「ああ…石井、テメエ覚えとけ、コノヤロー。いいかオイ、サシで潰してやるからな。サシだぞ、コノヤロー!」と怒り心頭。同じく、苦悶の表情を浮かべた東郷も「ああサシだ、サシ…」と声を絞り出すように話している。

 また、もうひとつの前哨戦を制した棚橋は「体が軽くなっていって、尻上がりに調子も上がってる」と充実した様子で、パートナーの石井について「いつもその試合に対する気持ちだったり、試合内容だったり、目に見えないエネルギーとパワーとプレッシャーをいただいてる」と語った。

 続いて「なんだ、あいつ?」と言いながらフロアに座り込んだKENTAは、「棒持ってくんなよ。ブレっつうの。登場人物多いんだよ。いらねえんだよ」とYOSHI-HASHIに注文。最後は「まあ結局、俺がなに言いたいかっていうと、これマジで、名古屋は本気の棚橋が見たいってこと」とベストコンディションでの対戦を望んだ。

 東京ドームの前日に行なわれる7.24名古屋決戦も注目だ。

◆新日本プロレス◆
『SUMMER STRUGGLE in OSAKA』
2021年7月22日
大阪・大阪府立体育会館・第1競技場(エディオンアリーナ大阪)
観衆 1490人
▼6人タッグマッチ(30分1本勝負)
○棚橋弘至&石井智宏&YOSHI-HASHI(12分39秒 片エビ固め)KENTA&EVIL&高橋裕二郎●
※ハイフライフロー

文⚫︎どら増田

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング