専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「誤審を認めなかった」女子バレーで韓国が日本人審判のジャッジを問題視「何度見直してもおかしい!」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.28

ケニアに快勝した韓国だったが、日本人主審のジャッジには怒り心頭といった様子だ。(C)Getty Images

ケニアに快勝した韓国だったが、日本人主審のジャッジには怒り心頭といった様子だ。(C)Getty Images

 東京五輪の大会5日目となった7月27日、女子バレーボールの韓国とケニアの一戦で起きたジャッジが物議を醸している。

 試合は韓国がケニアに3-0のストレート勝ちを収めた。だが、勝負のかかった第3セットでのワンプレーが問題視されている。それは韓国が15-12でリードしている状況で、ケニアのアタックをヨム・ヒェソンがレシーブし、ボールが相手コートに戻った時に起きた。

 すかさずケニアがダイレクトで打ってきたものの、ボールはアウトに。しかし、主審は、ブロックをしたキム・ヨンギョンの手に触れているとしてタッチアウトの判定を下したのだ。これに我慢ならなかった韓国側の希望によりビデオ判定が行なわれたものの、判定が覆えることはなかった。
 
 韓国のニュースサイト『Insight』によれば、それ以外にも「該当の主審が際どい判定を繰り返していた」という。そのため、フラストレーションを溜めた韓国メディアでは、日本人主審に対する非難の声が上がっている。同メディアは、「日本人審判の誤審としか言いようのない不公平な判定に選手や監督も怒りを抑えることはできなかった」と猛抗議を展開したチームの様子を描写した。

 また、地元放送局『KBS』は「何度見直してもおかしい! 選手たちが怒るのも理解できる」と強調。さらにポータルサイト『KMIB』は「監督とキムは強く主張したが、主審は自らの誤審を認めずに終わらせた。その姿は全国に中継されて問題視されている」と記せば、ポータルサイト『OSEN』は「日本の審判が相次いであり得ない判定を下した」と強く糾弾した。

 問題のシーンだけでなく試合を通したジャッジに異論を唱えている韓国。31日には、1次リーグA組の日本戦を控えているが、ただならぬ気配が漂っている。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング