専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

新井千鶴の金メダルに敵国メディアも「認めざるを得ない」と脱帽。“決勝より見応えあった”死闘も話題に【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.29

金メダルを獲得した新井(左)と、準決勝で新井に失神させられながらも、その後の3位決定戦で勝利し銅メダルを獲得したタイマゾワ(左)。(C)Getty Imaes

金メダルを獲得した新井(左)と、準決勝で新井に失神させられながらも、その後の3位決定戦で勝利し銅メダルを獲得したタイマゾワ(左)。(C)Getty Imaes

  7月28日、日本武道館にて行なわれた東京オリンピック柔道で、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)が決勝でミヒャエラ・ポレレス(オーストリア)と対戦。技ありの優勢勝ちで、五輪初出場にして金メダルを獲得した。

 技ありのポイントでリードしながらも、攻勢を崩さず、今年の世界選手権で銅メダルを獲得していたポレレスに何もさせない形で勝ち切った新井。その強さに相手の母国オーストリア版の『Sky SPorts』でも「敗北を認めざるを得ない」と称賛の声が送られている。
 
 また、ベルギーメディアの『sporza』は、マディナ・タイマゾワ(ロシア)との16分以上に及んだ準決勝に注目。「ポレレスとの決勝ではあっさりと決着をつけた」としながら、「決勝よりも見応えがあったのは、新井とタイマゾワの準決勝だった」と強調した。

「ゴルフボール大のコブを目の上に作りながら、15分以上も抵抗を続けるタイマゾワを、新井が首を絞めて失神させた」

 なお、新井と死闘を演じたタイマゾワは、準決勝から約1時間後に行なわれた3位決定戦に登場。こちらも延長戦に突入したが、最終的に5分22秒で技ありを奪って優勢勝ちを収め、銅メダルを獲得している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】新井千鶴、五輪初出場で金!16分41秒の死闘となった準決勝など名場面をプレイバック!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング