専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「日本列島を衝撃に陥れた」桃田賢斗からの大金星に韓国メディアが歓喜!「世界最強のモモタを破った!」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.29

世界王者である桃田(左)から勝利を挙げた許コウ熈(左)。その大金星に賛辞が集まっている。(C)Getty Images

世界王者である桃田(左)から勝利を挙げた許コウ熈(左)。その大金星に賛辞が集まっている。(C)Getty Images

 男子バトミントンで波乱が起きた。

 7月28日に開催された男子シングルスの1次リーグで、世界ランク1位の桃田賢斗は、世界38位の許コウ熈(韓国)に15-21、19-21のストレート負けを喫し、1勝1敗の2位で予選敗退が決定した。

 金メダルの最有力候補と目された日本エースが散った。試合後のフラッシュインタビューで「途中から自分の気持ちが引いてしまった」と語ったように桃田は、伸び伸びとプレーし、攻勢を強めていった許コウ熈の前に為す術なく敗れたのである。

 一方で大金星を掴んだ許コウ熈を称える声は小さくない。とりわけ韓国メディアは世界王者からの勝利を大々的に報道している。
 
 その結果について「大きな衝撃だ」と記した全国紙『朝鮮日報』は、「オリンピック開催国となった日本が、バトミントン世界1位だったモモタの敗北にショックを抱えている」とレポートし、「日本列島を衝撃に陥れた」と許コウ熈の活躍を称えた。

 さらにニュースサイト『YNA』も「オリンピックという舞台で世界最強のモモタを破った」と1位で予選を突破した許コウ熈の快挙を伝えたうえで「ミスを連発して慌てたモモタは、最後まで本来の戦いが出来ず、相手の隙を突く攻撃に屈した」と桃田のパフォーマンスが本来のそれとは程遠いものだったと記した。

 昨年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭い、一時は引退も考えたという桃田。それでも手術の末に復活を果たしていただけに、この結果は悔やまれるところだろう。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング