専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

タイヤ選択の「危険なギャンブル」から見える角田裕毅とチームの関係!? 海外専門メディアが入賞の要因を検証

THE DIGEST編集部

2021.10.28

バーレーンGP以来9位入賞を果たした角田。海外メディアはチームとの関係性に着眼した。(C)Getty Images

バーレーンGP以来9位入賞を果たした角田。海外メディアはチームとの関係性に着眼した。(C)Getty Images

 F1第17戦のアメリカ・グランプリで9位入賞を飾ったスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅。6戦ぶりに手にしたポイントは、コンストラクターズランキング争いのライバルであるアルピーヌとの差を縮める、チームにとっても貴重なものとなった。

 スタートでヴァルテリ・ボッタスとチームメイトのピエール・ガスリーを抜いてピットインまで順位を守り、その後もキミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソら歴代王者に対して堂々たるレースを展開。ランス・ストロールを2度かわすなど、見せ場を作りながら最後までポイント圏内を維持してのレースは見事であり、担当レースエンジニアのマッティア・スピーニが「今季のベストレース」と無線で叫んだほどだった。

 出色のパフォーマンスに賛辞を寄せられている。ドイツの専門メディア『MOTORSPORT MAGAZINE.COM』は、「ガスリーのリタイヤで火が消えかかったアルファタウリに、角田が新たな燃料を投下。日本人ドライバーはベストレースを喜び、またメルセデスを苛立たせた」と報じて角田のレースを称賛した。

 また、「COTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)の路面ではタイヤの摩耗が非常に激しく、ソフトタイヤでのスタートは不利とされていたが、この21歳は唯一の利点を活かした」と記し、この点でも今回のレースがより価値を上げるものだと強調している。
 
 このタイヤ選択については、英国の『THE RACE』も注目。前回のトルコGPに続き、決勝レースで不利な状況を強いられる可能性があったソフトタイヤを予選Q2で敢えて角田のAT02に履かせたチームの戦略の意図は、「彼をQ3に進出させることで自信を取り戻させる必要があった」からだと、チームスタッフのコメントを引用しながら明かしている。

 バーレーンGPで鮮烈なデビュー(偶然にも今回と同じ9位フィニッシュ)を果たすも、続くエミリア・ロマーニャ・グランプリでクラッシュを喫して繰り替えしてからは自信を喪失したと角田自身が認める。これを取り戻すことが最優先課題であるとし、今回の「危険なギャンブル」(同メディア)からチームも真剣に取り組んでいる様子が窺い知れる。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング