専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

「ラッキーな1日だった」渋野日向子が19位に浮上! プロテスト結果には「身近な人が合格するのは嬉しい」

THE DIGEST編集部

2021.11.06

パットに苦しんだ前日から一転、見事修正して4つスコアを伸ばして渋野。(C)Getty Images

パットに苦しんだ前日から一転、見事修正して4つスコアを伸ばして渋野。(C)Getty Images

 11月6日、女子ゴルフの国内ツアー『TOTO ジャパンクラシック』(滋賀県/瀬田ゴルフコース北コース)は第3ラウンドの競技を終了し、前週優勝の渋野日向子は4つスコアを伸ばしてホールアウト。通算3アンダーの19位に浮上し、首位と10打差で最終ラウンドへ進んでいる。

【画像】JLPGAが公開した渋野日向子らの“3日目フォトギャラリー”をチェック

 予選ラウンド2日間を「71」「74」で回り、38位タイから上位進出を期した渋野。この日は、出だしをバーディで滑り出すと、2番で3パットのボギーを喫する。しかし、その後は5、6番で連続バーディを奪取。後半も10、13番でスコアを伸ばし、5バーディ・1ボギーの「68」でフィニッシュとなった。
 
 ラウンド後の会見では「練習のなかであまり良い感触はなかったけど、52度のウェッジで3つバーディを取れたので、ラッキーな1日だった」と内容を回顧。前日に「ゆるみがち」だったというパッティングに関しては、「打ち切ろうと思って今日はしっかり打った。1つ3パットあったが、それ以降は良かった」と合格点を出している。

 自身初の“2週連続V”には厳しい位置だが「今よりも良い位置で終われるように、悔いのないように頑張りたい」と力を込めた渋野。前日終了したプロテストの結果については「お世話になった先輩方だったり、一緒に戦ってきた後輩だったり、やっぱり自分の身近な人がプロテストに合格するのは嬉しい」と笑みを浮かべていた。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】“シブコスマイル”でギャラリーを魅了!渋野日向子の2020年を厳選ショットで振り返り!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング