専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「本当にとんでもない選手だ」ベラトール社長は失神KOの堀口恭司に賛辞!「あれこそがMMAであり、美しさだ」

THE DIGEST編集部

2021.12.05

ペティスの一撃に屈した堀口。しかし、彼が見せたハイレベルな闘いには賛辞の声も寄せられた(写真は2015年のもの)。(C)Getty Images

ペティスの一撃に屈した堀口。しかし、彼が見せたハイレベルな闘いには賛辞の声も寄せられた(写真は2015年のもの)。(C)Getty Images

 敗れてもなお、31歳のサムライは勇ましかった。

 師走に入り、様々なイベントが行なわれている格闘界。そのなかで話題を集めているのは、現地時間12月3日にアメリカのアンカスビルにあるモヒガン・サンアリーナで実現した、ベラトール世界バンタム級タイトルマッチだ。
【動画】目の覚めるような裏拳! ペティスが堀口を沈めた渾身のKOシーン

 王者のセルジオ・ペティス(アメリカ)に挑んだのは、堀口恭司(アメリカントップチーム)。日本が誇るエースは、RIZIN同級王座との二冠王を目指した。

 決着は瞬間的についた。4回終了間際、距離を詰めにきた堀口に対して、ペティスが渾身のバックハンドブローを炸裂。相手が「流れるように出したら完璧に当たった」と振り返った一撃を顎にもろに食らったRIZIN王者は、そのまま失神。レフェリーが咄嗟に試合を止めた。

 ペティスのほぼ倍である130発中もの打撃を繰り出した堀口。巧みな試合運びで試合の主導権を完全に握っていただけに、悔しい敗戦となった感は否めない。
 
 そんな敗者にも称賛の声が寄せられている。ベラトールのスコット・コーカー社長は、試合直後に担架で運び出される際に、サムズアップで周囲の声援に応えた堀口の姿を目の当たりにし、「信じられないものだった」と語った。

「ホリグチがどんなレベルにある選手かは誰もが目にしたはずだ。彼は本当にとんでもない選手だよ。今日のペティスとの試合でペースを完全にコントロールしていたのは、彼だった」

 しかし、コーカー社長は「それでも彼はたった一撃を当てられてしまったんだ」と、MMAの持つ魅力を説いた。

「でも、あのKOこそがMMAであり、その美しさだ。凄まじく速く、爆発力がある。そして何よりも生々しい。ホリグチは素晴らしかったが、当てられてしまった。今日の試合はそれだけなんだ」

 たった一発。されど一発である。コーカー社長の言うように、優位にあった堀口の敗戦は、MMAを象徴するものだったと言える。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】目の覚めるような裏拳! ペティスが堀口を沈めた渾身のKOシーン

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング