専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

中国の今大会初金メダルが物議。ショートトラックで失格処分のアメリカで「表彰台に上れるはずだった」と異論【北京五輪】

THE DIGEST編集部

2022.02.06

今大会最初の金メダルをお家芸であるスピードスケートで手にした中国。しかし、その戴冠劇が物議を醸している。(C)Getty Images

今大会最初の金メダルをお家芸であるスピードスケートで手にした中国。しかし、その戴冠劇が物議を醸している。(C)Getty Images

 中国が“お家芸”で、北京五輪初の金メダルを手にした。

 現地時間2月5日に行なわれたスピードスケート・ショートトラック混合2000mリレーで、中国が今大会第1号となる金メダルを獲得。過去の冬季五輪でも強さを示し、今大会も団体戦では優勝候補に挙げられていた大国は、新たに導入された種目でも強さを見せつけた。

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

 もっとも、準決勝は波乱の展開となった。上位2チームが決勝に進むレギュレーションのなかで、中国はまさかの3位フィニッシュ。1位ハンガリーと2位アメリカとファイナル進出が決定しかけた……が、ここでレースが中断。長いビデオ協議の結果、レース中に中国チームを妨害したとしてアメリカとロシアが失格となり、中国の“逆転”での決勝進出が決まった。

 香港で発行される日刊紙『South China Morning Post』など中国系メディアは、「準決勝で3位に終わったときの恐怖を乗り越え、歴史的な金メダルを手にした」と歓喜に沸いた。その一方で、海外の識者やメディアでは、アメリカ代表とロシア代表に下された失格判定に対する疑念が向けられた。
 
 英紙『The Guardian』のショーン・イーグル記者は、「冬季オリンピックのスピードスケートで、地元贔屓の判定が下された。アメリカチームとロシアチームが失格となり、偶然にも、ホームの中国が混合リレー決勝まで勝ち進んだ」と皮肉をツイッター上で吐露。さらに米紙『USA Today』は、「ショートトラックの混合リレーほど、混沌としたスポーツはないだろう」とし、母国代表の敗戦に持論を寄せた。

「準決勝でアメリカは中国と1秒差で2位となり、決勝に進んだかに思われた。しかし、レース終了後、審判がビデオ映像を確認してアメリカが違反行為を行ったと判断。2位に滑り込んで勝ち上がった中国は写真判定で勝利し、初の金メダルを獲得したのだ。失格の知らせを受けたアメリカチームは決勝に向けた準備のなかで、感情を急速に揺れ動かされ、鮮烈なメダルを獲得するはずだった夢を打ち砕かれた。我々は決勝で表彰台に上れるはずだった」

 微妙な判定の末に激戦を制した中国。その金メダル獲得は、今後も小さくない波紋を広げそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】段ボールベッドが槍玉に…北京五輪との“比較”で東京五輪金メダリストが「寝心地の悪さを思い出した」と吐露

【関連記事】金メダル候補が衝撃の幕切れ! 不運続きのクラマーに高梨沙羅ら“同僚”が「これはフェアーじゃない」と嘆き

【PHOTO】北京オリンピック開会式の名場面を厳選フォトで一挙に紹介!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング