専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「間違いなくパッキャオより上!」タイソンも絶賛する井上尚弥の実力。ドネア戦実現で英メディアも再注目「本当に凶暴な怪物」

THE DIGEST編集部

2022.04.01

ボクシング界屈指のハードパンチャーとして名を馳せたタイソン氏(左)。ドネアとのリマッチに臨む井上に賛辞を贈った。(C)Getty Images

ボクシング界屈指のハードパンチャーとして名を馳せたタイソン氏(左)。ドネアとのリマッチに臨む井上に賛辞を贈った。(C)Getty Images

 日本が誇るモンスターの3団体制覇か、はたまたフィリピンの猛者によるリベンジか――。3月30日、ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥とWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)による3団体統一戦が6月7日に開催されると発表された。
【動画】渾身のストレート炸裂! 世界を驚嘆させた井上尚弥のKOシーンをチェック

 まさにファン待望の再戦である。両雄は、2019年11月7日の『ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ』の決勝で対戦。その際には、井上が右眼窩底の深手を負いながらも、11回に左ボディーブローをヒットさせ、ドネアからダウンを奪取。フルマーク(3-0)での判定勝ちを収めていた。

 この時、年齢による衰えを指摘され、世間に「全盛期は過ぎた」というレッテルを貼られてしまったドネアだったが、すぐさま復活。昨年5月にノルディーヌ・ウーバーリ(フランス)からWBCの王座に奪うと、同年12月にはレイマート・ガバリョ(フィリピン)を下してタイトル防衛に成功。リマッチへ機は熟していた。

 文字通りの「宿敵」と呼ぶにふさわしい猛者による約3年ぶりのリマッチは、海外メディアでも大きく報じられており、やはり注目度の高さを感じさせている。そのなかで興味深いコメントを伝えたのは、英スポーツ専門ラジオ局『talk SPORT』だ。

 同メディアは「ナオヤ・イノウエはドネア戦以降の3試合で3KO勝ちという素晴らしい結果を残してきた」と絶賛。そのうえで、かつて元世界ヘビー級王者のマイク・タイソン氏が残したコメントを紹介している。

「イノウエは一見すると大したことがないやつに見える。だが、間違いなくマニー・パッキャオよりも上だ。内に秘めているのは、本当に凶暴な怪物で、すでに幾人もの悪党たちをこらしめてるよな。相手をいとも簡単に倒してきてるあいつは、本当にモンスターだよ」

 リング内外で修羅場をくぐり抜けてきた百戦錬磨の鉄腕が、ここまでの賛辞を贈るのは稀有。その事実こそが井上の強さを何よりも物語ると言える。

 バンタム級の4団体統一を目指している井上にとって、ドネアは勝たなければならない相手だ。はたして、必勝を誓う一戦で28歳は快哉を叫べるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イノウエはネリと同じ道を辿る」――井上尚弥の階級上げは危険!? 現スーパーバンタム級王者の忘れがたき言葉

【井上尚弥PHOTO】22勝19KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング