専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

22歳ゴルファーが“残酷なスタート”に苛立ちクラブを破壊!池ポチャに続く失態に米メディアはうんざり「クラブに不満があることを知らせた」

THE DIGEST編集部

2022.04.09

初のビッグタイトルを狙っていたマシュー・ウルフだが、出だしから大きく躓いてしまった。(C)Getty Images

初のビッグタイトルを狙っていたマシュー・ウルフだが、出だしから大きく躓いてしまった。(C)Getty Images

 現地時間4月7日、オーガスタ・ナショナルGC(米国ジョージア州)にて米男子ゴルフのメジャー初戦『マスターズ』が幕を開けた。世界トップクラスの名ゴルファー90人によって、その頂点を争っている。

 同大会の覇者である証グリーンジャケットに憧れる選手らが、それぞれの想いを胸にプレーを開始した。幸先の良いスタートを切れる者がいる一方、いつも以上に力が入り、実力が発揮できない選手がいるのも事実だ。初日、スタート直後から苦戦を強いられた一人が、“若き飛ばし屋”マシュー・ウルフ(米国)だ。

 2019年にプロ転向後、3戦目の『3Mオープン』でPGAツアー初優勝と驚きのデビューを見せた。だがその後、メジャー優勝はおろか、ツアー優勝争いには絡むも2位フィニッシュが4度と、いずれも勝負どころで強さを発揮できずに敗れてきた。

 初のビッグタイトルを目指した彼だが、1番でダブルボギーを叩くと、2番3番ともにボギーと、出だしの3ホールで4オーバーと大きく躓いた。立て直したい22歳だったが4番のティショットを右バンカーに入れてしまった。これには怒りが頂点に達した。なんと持っていたクラブに全体重を乗せ、真っ二つにへし折ったのだ。
 
 このプロゴルファーらしからぬ行動に、多くのメディアは呆れた様子だ。米紙『New York Post』では、「4番でバンカーに入ったとき、ウルフはクラブに不満があることを知らせた」と綴り、9オーバー86位タイで終えた初日全体をとおして「彼にとって悪夢の開幕日となった」と悲観した。

 同様に専門メディア『Golf Digest』では、「ウルフを侮辱するわけではないが、マスターズでの残酷なスタートとなった」と報じている。実は3週間前の『ザ・プレーヤーズ選手権』でも18番でアプローチショットでグリーンの右側に外した際に、怒りを隠しきれず、ウルフは持っていたクラブを池に投げ捨てている。

 世界のゴルフ関係者に加え、ゴルフ愛好家など注目度が高い大会でのまさかの失態。汚名返上のためにも、紳士的なプレーで2日目を戦ってほしいものだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】松山英樹、日本中に感動を呼んだ「マスターズ」の激闘を厳選フォトで一挙お届け!

【関連記事】過去3度優勝のミケルソンがマスターズ欠場。リドリー会長は「招待した」と説明も「自らの欠場は理解できない」と米紙が疑念

【関連記事】「風に助けられた」マスターズ連覇を狙う松山英樹は「72」で発進! 心配されたケガの状態について「痛み自体はない」
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング