専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

“フィーバー”から3年――。全英女子OPにツアーメンバーに返り咲く「スマイル・シンデレラ」渋野日向子の現在地

山西英希

2022.08.03

2019年大会覇者の渋野は、現地時間4日の午前7時36分(日本時間午後3時36分)から初日をスタートする。(C)Getty Images

2019年大会覇者の渋野は、現地時間4日の午前7時36分(日本時間午後3時36分)から初日をスタートする。(C)Getty Images

 現地時間8月4日から今季最後の海外メジャー『AIG全英女子オープン』が開幕する。周知のとおり、2019年には、渋野日向子(サントリー)が躍動。日本勢としては1977年『全米女子プロゴルフ選手権』の樋口久子氏以来となる、42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした。

【動画】渋野日向子が“歴史的V”を飾った2019年大会の最終日ハイライトをチェック!

 当然のように日本国内が大騒ぎとなり、その後、国内女子ツアーのトーナメント会場では、渋野を目当てに大勢のギャラリーが押し寄せた。「スマイル・シンデレラ」とも呼ばれるなど、ちょっとした“シブコ・フィーバー”が巻き起こった。

 あれから3年が経過した今季、渋野は念願だった米女子ツアーのメンバーとして戦っている。いまだ優勝こそないが、海外メジャー初戦『シェブロン選手権』で4位タイ、『ロッテ選手権』では単独2位に食い込んだ。CMEグローブランキングも545.625ポイント(36位)を稼ぎ、すでに来季のシード権をほぼ確定させている。
 
 ただ、棄権した『全米女子プロゴルフ選手権』を除き、直近の7試合中6試合で予選落ちしている点は、やはり気になってしまう。今季初戦から6戦目まで一度も予選落ちがなかっただけになおさらだ。普通に考えれば、肉体的、精神的に疲労が蓄積していてもおかしくはない。

 昨年のQTが20位だったために、今季の試合数には、ある程度出場できると約束されていた。しかし、具体的に何試合出場できるのかは明らかになっておらず、できるだけ早めに来季のシード権を確定しておきたいところではあった。

 序盤戦はそのような緊張感もあり、まずまずの成績で無事にシード権ラインをクリアしたが、その代償は小さくなかったと思われる。コースセッティングが厳しく、選手層も厚い米女子ツアーで上位に入るには、ちょっとした油断も許されない。メンタルだけでなく、フィジカル的にも楽ではなかったはずだ。

 シード獲得がほぼ決まったことで、その緊張感が解け、本来のゴルフができなくても不思議ではないだろう。それでも、不調の時期を長く感じるのは否めない。
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング