専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「彼女の3Aは誰よりも確実」紀平梨花のジャンプを海外メディア絶賛! ロシア紙は警戒心も露わに

THE DIGEST編集部

2019.11.23

GPファイナル進出を決めた紀平。 (C) Getty Images

GPファイナル進出を決めた紀平。 (C) Getty Images

 11月23日、札幌・真駒内セキスイハイムアリーナでGPシリーズのNHK杯2日目に女子フリーが行われた。  先日のショートプログラム(SP)で2位につけていた紀平梨花(関大KFSC)は、新衣装で臨...
 11月23日、札幌・真駒内セキスイハイムアリーナでGPシリーズのNHK杯2日目に女子フリーが行われた。

 先日のショートプログラム(SP)で2位につけていた紀平梨花(関大KFSC)は、新衣装で臨み、ほぼノーミスでプログラムをこなして151・95点を獲得。今季ベストの計231・84点で2位という成績で終えている。

 優勝はSPで圧巻のパフォーマンスを披露したロシアのアリョーナ・コストルナヤ。16歳の新鋭はフリーで154・96点、計240・00点で優勝を飾った。5位は山下真瑚(中京大中京高)、横井ゆは菜(中京大)は4位だった。

 紀平はフリーでの4回転サルコーには挑戦しなかったが、SP、フリーとともに2本ずつトリプルアクセルを着氷させた。イタリアのスポーツ紙『OA Sport』は「ふたつのトリプルアクセル、複数のコンビネーションジャンプでスコアを底上げした」と称え、同スポーツ名物記者のジャッキー・ウォン氏は「彼女の3Aは黄金の価値がある。今季、キヒラの3Aは、誰よりも確実で堅実のように見えた」と称賛している。
 
 さらに、コストルナヤの母国である露紙『Газета.Ru』も「4回転サルコーへのチャレンジはなかった状態での今季ベストをたたき出した!」と驚きを以って報じ、GPファイナルでの”進化”を警戒している。

「キヒラは非常に安定した、穏やかなパフォーマンスで2位の地位を確実なものにした。ピュアな3Aに、GPファイナルでは4回転サルコーが加わる可能性はおおいにあり、それは上位進出を叶えるものになり得る」

 GPシリーズはNHK杯で終了し、紀平は12月にイタリアのトリノで行なわれるファイナルへの切符を獲得。

 ロシアからはアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワ、コストルナヤの今季シニア・デビューを飾った3人とアリーナ・ザギトワ、アメリカのブレイディ・テネル、そして日本からは唯一、紀平が加わった6人で臨むことになる。残念ながら日本の宮原知子(関大)は22ポイントでテネルと並んだものの、合計スコアで下回ったため、5年連続の出場を逃した。

 温存した4回転サルコー、そして勢いを増すロシア勢との対決。紀平梨花は、イタリアの地でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】NHK杯連覇へ挑戦!笑顔がキュートな紀平梨花の厳選フォト!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング