専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「知っていたけど神」「オリンピック、アゲイン!」羽生結弦、圧巻の演技に世界のフィギュアファンから称賛の嵐!

THE DIGEST編集部

2020.02.08

圧巻の演技で、自らの手で伝説を再現した羽生。 (C) Getty Images

圧巻の演技で、自らの手で伝説を再現した羽生。 (C) Getty Images

 2月7日、韓国で四大陸選手権の男子シングルが行なわれた。日本の羽生結弦はショートプログラム(SP)を111・82点と自身の持つSP世界最高値を更新。平昌五輪で伝説となった『バラード第1番』を、自らの手で鮮やかに蘇らせた。

 羽生本人が演技後に「112点を目指していた」と語ったスコアには届かなかったものの、完璧な演技だった。冒頭の4回転サルコーを着氷すると、4回転+3回転トゥループ、トリプルアクセルといったジャンプ要素ですべて出来栄え点(GOE)で3~4点以上を上乗せ。スピンはオールレベル4を達成し、歴代SPの最高値の更新に繋げた。

 あまり例のないシーズン中のプログラム変更を決断した羽生にとって、この大会が勝負の場であったことは間違いない。底知れないプレッシャーを背負いながらも、羽生らしい滑らかで優雅な滑りを披露した。
 
 ”王者の帰還”に、世界中のフィギュアファンも歓喜。国際スケート連盟(ISU)が「ユヅル・ハニュウが四大陸選手権でSPの最高記録を更新!」と伝えると、その快挙に多くの絶賛の声が寄せられた。

「知っていたけど、ユヅルは神」
「アメージング!もっと(GOEを)加点したい!」
「オリンピック、アゲイン!本当に素晴らしいスケートだった」
「もうなんか言葉が見つからないけどすごい!」
「彼はいつも素晴らしいけれど、今日はもっと素晴らしかった」
「息をすることを忘れてしまった。これは一流のアートよ」

 フリーでは、五輪二連覇を決めた『SEIMEI』を披露する。

 ルール上、平昌五輪では4分30秒あった構成を4分に濃縮した新たなプログラムで、さらにパワーアップした”安倍晴明”を氷上で表現してくれるに違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【羽生結弦PHOTO】平昌五輪を制した『SEIMEI』を熱演!最後には笑顔で高橋と……!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング