専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【亀山つとむのセ・リーグ順位予想】阪神はプラス材料が多い。矢野監督の「日本一」宣言は覚悟と手応えの表れだ

亀山つとむ

2020.03.22

大山の状態次第で、外国籍枠の使い方が変わってきそうだ。写真:産経新聞社

大山の状態次第で、外国籍枠の使い方が変わってきそうだ。写真:産経新聞社

 3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いな...
 3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。阪神OBの亀山つとむ氏に、今季の順位を予想してもらった。

【亀山氏のセ・リーグ順位予想】
1位 阪神
2位 巨人
3位 DeNA
4位 広島
5位 中日
6位 ヤクルト

 若干の忖度もありますが(笑)、1位は阪神です。昨年同様に投手陣がしっかりしているので、打線が機能すれば自然と勝ち星が付いてくるでしょう。新戦力がしっかり4番にハマると盤石ですね。あとは失策数を減らすこと。守備が安定すれば、優勝は見えます。

 今年の阪神は、8人の外国人選手をどう使うかが肝です。ブルペンのエドワーズは一軍登録が続きますが、先発のガンケル、スアレス、ガルシアは投げ抹消で回れる。つまり、野手にふたつの外国籍枠が使えます。今のところボーアとマルテが有力で、調子によってサンズが出て来る形になりそうです。

 ただ、大山悠輔がクリーンアップで結果を出せるようになれば、状況は変わります。ボーアとマルテのどちらかの登録を外して、投手にもう一枚、外国人選手を入れられる。投手陣がより強固になりますよ。外野は近本光司と高山俊が好調なので、糸井嘉男と福留孝介の状態が良いほうを使えます。
 
 こうしたチーム事情を考えると、去年よりもプラス材料が多い。実際に矢野燿大監督は、キャンプの時点で「今年は日本一になる」と発信していました。リーグ優勝ではなく「日本一」ですよ。戦力に手応えを感じているんでしょう。選手たちも「日本一」という言葉を聞いて覚悟を持っていますし、チーム全体として意識高く過ごせているのはポジティブな要素です。

 阪神はオープン戦でも12球団中3位。上には西武とソフトバンクしかいませんから、セ・リーグの中では一番上でした。オープン戦の順位で測れるものではないですが、好材料ではありますよね。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング