専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【パ・リーグ編】実力と球団事情から“ドラ1新人”の「2021シーズン」を占う!〈SLUGGER〉

西尾典文

2021.02.03

楽天ドラフト1位の早川隆久は、春季キャンプ2日目にブルペン入りした。写真:産経新聞社

楽天ドラフト1位の早川隆久は、春季キャンプ2日目にブルペン入りした。写真:産経新聞社

 いよいよキャンプインした今年のプロ野球。各球団新戦力が話題となるが、大きな注目を集めるのはやはりドラフト1位で入団したルーキーだ。しかし昨年はアマチュア野球の全国大会が軒並み中止になり、例年以上にプロ入り前の情報が少ないのではないだろうか。そこで各球団の“ドライチ”のルーキーイヤーについて特徴にふれながら個別に展望してみたいと思う。今回はパ・リーグの6人だ。

ソフトバンク:井上朋也(内野手・花咲徳栄高)

 最初の入札で佐藤輝明(阪神)を外し、高校生の強打者タイプの井上を指名した。2016年から毎年プロを輩出している花咲徳栄で入学直後からレギュラーとなり、その後も順調に成長して同校初の1位指名となった。下級生の頃はぶつけるようなスイングで動きの硬さが目立ったが、年々きれいにヘッドが抜けるようになっている。打つだけでなく肩の強さがあるのも魅力だ。同じ右打者のリチャード、増田珠、野村大樹などがライバルとなるが、まずは二軍の定位置確保が最初の目標となる。

ロッテ:鈴木昭汰(投手・常総学院高→法政大)

 早川隆久(楽天)を抽選で外し、同じ東京六大学のサウスポー鈴木を獲得。U15日本代表に選ばれており高校時代はまとまりのあるタイプだったが、大学3年から4年にかけてスピードアップし、150キロに迫ることも珍しくなくなった。ただ一方で急激に球速が上がったことで制球は少しアバウトになっているように見える。それでもピンチに強く、変化球を低めに集められるのは大きな長所だ。まずは先発入りを目指すことになりそうだが、チーム内に左のパワーピッチャーが少ないだけに、リリーフでの起用も面白い。ストレートの勢いを維持できれば、1年目から一軍の戦力となる可能性もあるだろう。
 
西武:渡部健人(内野手・日本ウェルネス高→桐蔭横浜大)

 4年春までは支配下指名の当落線上という印象だったが、最終シーズンの8本塁打、23打点という大爆発で一気に1位指名を勝ち取った。110㎏を超える体重ばかりがニュースとなっているが、パワーだけでなく柔らかさがあるというのが大きな長所。力みなく楽に振っているようでも、打球の勢いは普通ではない。大砲タイプはプロでは時間がかかることが多く、渡部もまずは二軍で結果を残してからということになりそうだが、中村剛也の状態が昨年と同様に上がってこないようだと、シーズン途中から一軍抜擢ということも十分考えられそうだ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング