専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
大学野球

【全日本大学野球選手権「注目」のドラフト候補野手】圧倒的な飛距離を誇る正木以外にも好素材が粒ぞろい<SLUGGER>

西尾典文

2021.06.06

圧倒的な飛距離が魅力の正木。大学選手権でも持ち前のパワーを発揮できるか。写真:山手琢也

圧倒的な飛距離が魅力の正木。大学選手権でも持ち前のパワーを発揮できるか。写真:山手琢也

 6月7日に開幕する全日本大学野球選手権。昨年はコロナ禍の影響で中止となったが、毎年多くのドラフト候補が出場することもあって、連日12球団のスカウト陣が視察に訪れている。今年は昨年の早川隆久(早稲田大→楽天)や佐藤輝明(近畿大→阪神)のような超目玉と言える存在は不在だが、それでも有力候補は少なくない。そんな中から、特に注目の野手5人をピックアップして紹介しよう。

【野手】
古間木大登(東農大北海道オホーツク)捕手/右投左打/遠軽高出身)
福永奨(国学院大)捕手/右投右打/横浜高出身
正木智也(慶応大)一塁手/右投右打/慶応高出身
山城響(富士大)二塁手/右投左打/知念高出身
福元悠真(大阪商業大)外野手/右投右打/智弁学園高出身

 投手と比べると野手はやや目玉不在の印象だが、ポジションに関係なく最注目の選手となると慶応大の主砲である正木になるだろう。高校時代から神奈川県内では評判のスラッガーで、大学進学後も2年から中軸に定着。この春はリーグトップの4本塁打、12打点(打点は1位タイ)をマークして見事に二冠王に輝いた。魅力はその圧倒的な飛距離で、神宮球場の中段より後方へ飛ばすことも珍しくない。少しスウィングが外回りするため内角の速いボールには弱く、打つ以外のプレーも目立たないが、長打力不足の球団にとっては魅力的な人材と言えるだろう。
 同じ右の強打者タイプでもう一人注目なのが福元だ。智弁学園では下級生の頃から4番を任されて甲子園にも3度出場。大学進学後も早くから中軸となり、3年秋、4年春と2季連続でMVPにも輝いている。たくましい体格を生かしたフルスウィングは迫力十分で、年々確実性も向上している。太腿の故障で指名打者での出場が多かったが、肩の強さはあるだけに大学選手権では外野の守備でもアピールしたいところだ。

 捕手は下級生も含めて好素材が多いが、今年のドラフト候補という意味では古間木と福永の2人を挙げたい。古間木は強打が魅力の大型捕手。一昨年の大学選手権ではチームの準決勝進出に大きく貢献し、大会後に行われた大学日本代表候補合宿にも2年生ながら選出されている。スローイングには少しムラがあるものの地肩の強さも十分だ。
NEXT
PAGE
山城は大学の先輩・外崎と同じくパワー&スピードが魅力

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング