専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「宿敵に膝をつかされた」激闘を制した侍ジャパン! 粘り強さに韓国紙も脱帽「山田に大きな価値のある二塁打を打たれた」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.08.04

殊勲の決勝タイムリーを放った山田。(C)Getty Images

殊勲の決勝タイムリーを放った山田。(C)Getty Images

 侍たちが、手に汗握る激闘を勝ち切った。

 8月4日、東京五輪・野球の準決勝で韓国と戦った日本は、5対2で宿命のライバル対決に勝利。3大会ぶりの決勝に進んだ。

 侍ジャパンにとっては決して楽な戦いではなかった。坂本勇人(巨人)の犠牲フライと吉田正尚(オリックス)のタイムリーで5回までに2点を先行した日本だったが、6回に追いつかれてしまう。それでも、8回2死満塁から山田哲人(ヤクルト)のタイムリーで勝ち越すと、最後は自慢の投手リレーで逃げ切った。
 
 この横浜決戦をいち早く報じたのは、韓国の日刊紙『朝鮮日報』だ。「宿敵の日本に韓国が膝をつかされた」と記し、「韓国は8回表まで2対2で抗ったが、その裏に2死満塁の危機で、ゴ山田哲人に3点タイムリー二塁打を許してチームは崩壊した」と続ける。

 さらに勝ち越しタイムリーを放った山田については、「これ以上にない大きな価値を持つ二塁打だった」と、そのクラッチぶりに賛辞をよせた。

 ついに悲願の金メダルへあと一勝と迫った日本。その勢いはとどまる気配がない。なお、8月7日に行なわれる決勝は、アメリカと韓国の勝者と対戦する。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】いざ、金メダル獲得へ!侍ジャパン24名を激選ショットで一挙紹介!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング