専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

真の争点は「ステロイド」ではなく「人格」? 殿堂入りのオティーズと落選したボンズらの最大の違い<SLUGGER>

SLUGGER編集部

2022.01.26

オティーズ(一番左)は合格だが、ボンズ(左から2番目)、クレメンス(右から2番目)、シリング(一番右)は不合格。この基準、実はおかしくない? (C)Getty Images

オティーズ(一番左)は合格だが、ボンズ(左から2番目)、クレメンス(右から2番目)、シリング(一番右)は不合格。この基準、実はおかしくない? (C)Getty Images

 現地時間1月25日、2022年のMLBの殿堂入りに関する投票結果が発表された。

 本年度に選出されたのは、有資格1年目の“ビッグ・パピ”ことデビッド・オティーズ(得票率77.9%)唯一人となった。そして、最大の注目だった投票最終年の3人――。バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、そしてカート・シリングは、いずれも殿堂入りラインの得票率75%に届かなかった。

 この結果をもって、10年間にわたる殿堂の逡巡と躊躇に一応の決着がつく形となった。特にボンズとクレメンスの殿堂入りについては、争点は「ステロイド使用疑惑をめぐるスタンス」だったと多くの人が考えているだろう。だが、実は問題となっていたのはむしろ「人格」だったのではないだろうか。
 
 ボンズの業績は、日本でもよく知られている。シーズン最多73本塁打(01年)、歴代最多の通算762本塁打だけでもその凄さは十分に伝わるだろうが、04年には232四球&120敬遠、OPS(出塁率+長打率)1.422という驚異的な記録を樹立。MVPは史上最多の7度受賞している。

 クレメンスも、サイ・ヤング賞を歴代最多の7回受賞と歴代最高クラスの投手に数えられる。通算354勝は歴代9位、4672三振は3位、タイトルも最多勝4回、最多奪三振5回、最優秀防御率は7回を数える。86年はMVPとダブル受賞を果たした。

 一方、シリングは通算216勝で、一般の殿堂入りラインからするとやや少ない。ただ、投球の総合力を表すK/BBは通算4.38で、これは2000イニング以上では堂々歴代1位。また、ポストシーズンで通算11勝2敗、防御率2.23と大舞台での圧倒的な強さも印象的だ。01年ワールドシリーズではランディ・ジョンソンとともにMVP受賞。04年リーグ優勝決定シリーズでの“血染めの熱投”は伝説となっている。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング