専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

トラウトも大谷翔平の“復調”を確信!“らしさ”全開の逆方向2連発に「本来のスイングを取り戻している!」

THE DIGEST編集部

2022.05.10

エンジェルスを支える主砲のトラウト(左)も大谷(右)の復調傾向を喜んでいる。(C)Getty Images

エンジェルスを支える主砲のトラウト(左)も大谷(右)の復調傾向を喜んでいる。(C)Getty Images

 2打席連続でホームランを放ち、日米の野球ファンを喜ばす大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。ここ9試合は快音が響かず不調気味だった27歳だが、主砲マイク・トラウトは彼の“復調”を確信したと明かした。

 会心の一発が飛び出したのは現地時間5月9日のタンパベイ・レイズ戦の6回だ。前打者のトラウトが無死一塁の場面で左翼ポール際に運ぶと、大谷も続いた。初球の甘く入った81.1マイル(約130.5キロ)のカットボールを強振。低い弾道で飛び出した打球を左中間フェンスの先へと届けた。

 2者連続弾と勢いに乗ったエンジェルスは、7回にもチャンスを作る。無死満塁で打順は大谷。慎重にボールを選び、ボールカウント3‐1と打者有利な展開へ持ち込んだ。そして5球目、88.4マイル(約142.2キロ)のカットボールをレフトスタンドへと一気に運んだ。

【動画】初のグランドスラム!確信歩きの2打席連続弾に本拠地熱狂
 
 10試合ぶりにホームランを放った大谷だが、実は復調の兆しはあったのだ。ここ2週間ほどでレフト方向への打球が急増しており、「強引に引っ張るのではなく、センターから左へ高く打てるようになってきた」と地元紙『Orange County Register』のジェフ・フレッチャー記者は評す。

 また試合後トラウトも「ショウヘイは本来のスイングを取り戻しており、ここ数試合はそれを見せている」と復調傾向を確信したことを明かし、「あんな風に逆方向へボールを打つのがショウヘイだ」と誇らしげに語った。

 この左方向への打球について、本人は「甘い球は基本的にセンター方向に打てればいいなと思っている。常にそういう意識でいます」とコメントしている。

 MLB通算100号まであと1本としたサムライ。この勢いのまま記念すべき一発を放つだろうか。10日も同カードで戦う予定だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「嘘やろ?」大谷翔平が5号ソロ&6号満塁弾!今季初の2打席連発に「涙止まらない」とファン歓喜!

【関連記事】「オオタニは神だ」大谷翔平が2打席連発&自身初の満塁弾に現地メディアも感嘆! 「完璧に粉砕した」

【関連記事】「ヤツが帰ってきた!」大谷翔平の“2打席連続&満塁弾”に同僚ら絶賛!「今年もMVPを受賞する準備は出来ている」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング