専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

あまりに不運なダルビッシュ。「ヒット確率3%」の打球を味方が“落球”も記録は適時打で、防御率は3.91→4.62へ悪化

THE DIGEST編集部

2022.05.14

今季6度目のQSのはずが……味方のミスですべてが台無しに。(C)Getty Images

今季6度目のQSのはずが……味方のミスですべてが台無しに。(C)Getty Images

 ピッチャーにとってはあまりに“キツすぎる”判定だった。

 サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有は現地時間5月13日、敵地で行われたアトランタ・ブレーブス戦に先発するも、5.2回を投げて9安打5失点、1四球4奪三振。今季4勝目とはならなかった。もっとも、本来であれば、白星もつき、何より失点も2で収められていたはずである。

 今季開幕前までダルビッシュは、2021年世界一チームであるブレーブスを苦手にしていた。しかし、4月17日の本拠地での試合では6.2回4安打1失点8奪三振の好投を見せ、苦手を払拭してみせた。さらに、2登板目のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で9失点の大炎上を喫した以外の5試合は、いずれもQS(6回3自責点以下)を記録しており、試合開始時点の防御率4.05よりも充実した内容だった。

 もっとも、この試合は先の4月に比べれば状態は良くなく、5回までに2失点。それでも、6イニング目も2死までこぎつけ、そこから二塁打を浴びるも、アダム・デュバルの打球はなんてことのないフライ。この試合もQS、さらに4対2と勝っており3勝目も有力……かと思われた。

【動画】え、これがヒット!? ダルを“苦しめた”味方の落球がこれだ
 しかし、ここで守備陣に綻びが生まれる。一塁のエリック・ホズマー、二塁のジェイク・クローネンワース、右翼からウィル・マイヤーズが打球を追いかけていき、一二塁の2人は歩みを緩めてマイヤーズに託したのだが、何と右翼手はグラブから落球。これで二塁走者が還ってきて3点目を失った。後続にヒットを許したダルビッシュは無念の降板となったが、代わった元阪神のスアレスが逆転3ランを被弾。この時点で4勝目の権利は失った。

 であれば、マイヤーズの文字通りの“落球”はエラーに……と思われたが、これがまさかのヒットと判定。2失点かと思われたが、ダルビッシュにすべての失点がつく形となり、防御率は3.91→4.62へと大きく悪化することになった。

 試合を大きく狂わせた打球は、キャッチ確率70%、さらにヒットになる確率はわずか3%しかなかった凡フライそのもの。マイヤーズなのか、それともホズマーたちが深追いしすぎた故なのかは分からないが、少なくともダルビッシュにとっては悔やまれすぎるプレーだった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「満場一致で最高の選手」大谷翔平と投げ合った42歳左腕が最敬礼! 「みんな感謝しているはず」

【関連記事】サヨナラ生還で渾身ガッツポーズ! 大谷翔平の興奮ぶりに米メディアも熱狂「オオタニの違う一面を見られた」

【関連記事】「オオタニは神だ」大谷翔平が2打席連発&自身初の満塁弾に現地メディアも称賛の嵐! 「完璧に粉砕した」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング