専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

西武復帰説も浮上した交渉の舞台裏。アメリカに引き留めた“夢物語”への微かな期待【秋山翔吾“最後の挑戦”:後編】<SLUGGER>

ナガオ勝司

2022.05.27

一時は日本帰国も覚悟していた中でめぐってきたチャンス。何としても再びメジャーに這い上がりたい。(写真)ナガオ勝司

一時は日本帰国も覚悟していた中でめぐってきたチャンス。何としても再びメジャーに這い上がりたい。(写真)ナガオ勝司

 4月最後の1週間、パイレーツの筒香嘉智選手を取材するため、ピッツバーグを訪れていた時のことだ。

 日本から「西武の渡辺久信ゼネラル・マネジャー(GM)が、秋山奨吾と交渉していることを示唆した」との情報が飛び込んできた。正直な感想は「まあ、そうなるんだろうな」で、驚きはまったくなかった。

 なぜなら、4月3日にレッズを自由契約になってからすでに3週間以上が過ぎており、無所属の期間が長引けば長引くほど「日本球界復帰」の線が強くなると、長年の経験から分かっていたからだ。

 事実、秋山の手元には、この時点になっても米球団からは何のオファーも届いていなかった。

 実は渡辺GMの話が公になる遥か前、秋山は獲得意思を示してくれていた日本の各球団に「4月30日までは米球団からのオファーを待ちたいです」と伝えていた。つまり、ピッツバーグで筒香選手を取材していた時点でのタイムリミットは「残り5日」だったわけだ。
 
 秋山がレッズ退団後も自主トレーニングのために滞在していたシンシナティは、ピッツバーグから車で片道4時間と少しである。渡辺GM発言を受けての取材と称して行くには「大した距離ではない」。日本の球団との本格的に交渉が始まれば秋山が日本へ帰るのは間違いなく、「お別れぐらいは言っておきたい」と車を走らせることになった。

 偶然にもその週の半ば、パドレスがピッツバーグにやってきた。29日にはダルビッシュ有投手が6回8安打3失点で今季2勝目を挙げているが、それを見届けた翌日に取材の約束を取りつけた。

 4月30日の昼、シンシナティ郊外の閑静な住宅街の一角にある某有名サンドイッチ店に、秋山はやって来た。

「4月5日にアリゾナを離れてシンシナティに戻ってきて、次の日から2年前にレッズにいたチームの元ストレングス・コーチのべースボール・アカデミーみたいな施設で練習してました」

 彼はそう切り出した。

「トレーニングと室内ケージもあったので打ったり、キャッチボールなんかは公園でやってたましたけど、それはやっぱり、難しかったですよ。18.44メートルの距離で時速95マイルとかを体感する練習って、なかなか出来ないですから」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング