専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

【神宮大会】高校の部でなぜエラーが続発したのか。中京大中京の圧倒的強さと打撃偏重への警鐘

田尻賢誉

2019.11.24

圧倒的な強さで神宮大会を制した中京大中京。打線に切れ目がなく、投手陣の層も厚かった。写真:朝日新聞社

圧倒的な強さで神宮大会を制した中京大中京。打線に切れ目がなく、投手陣の層も厚かった。写真:朝日新聞社

 3試合で13個――。

 明治神宮大会で中京大中京と対戦したチームが犯したエラーの数だ。初戦は伝統的に守りに定評がある明徳義塾だったが、エラー6個。準決勝の天理も6個。決勝の健大高崎は1個だったが、3回裏2死一、三塁から1点を無駄に与える一塁悪牽制で送球。初回には1死二塁から3番・中山礼都の打席中にワイルドピッチとパスボールの“バッテリーエラー”を連発して先制点を与えている。

 なぜ、中京大中京相手だとエラーが多いのか。

 一つは打球の質だ。
 明徳義塾・馬淵史郎監督は言う。

「打球が速いですよ。グラウンダー(ゴロ)でもオーバースピンのかかったね」
 
 もちろん、中京大中京打線のスウィングが鋭いがゆえだ。旧チームから3番を打つ中山に加え、ともに小学生時は中日ドラゴンズジュニアに選出された1番・西村友哉、4番・印出太一らが並ぶ打線は全国でも屈指。東海大会は攻撃した全23イニングのうち、無得点イニングが9度だったのに対し、得点イニングが14度もある。上位から下位まで切れ目がなく、どこからでも得点が奪える。その脅威が、相手の守備にプレッシャーを与える。

 初回にいきなり連続でバッテリーミスをした健大高崎の捕手・戸丸秦吾はこう言った。

「相手チームを意識してしまって、ボディストップを怠ってしまった」

 強打線を抑えようと配球面を意識するあまり、肝心の守りがおろそかになってしまったのだ。

 もう一つの理由は、中京大中京には今大会ナンバーワンのエース・高橋宏斗がいること。初戦は四国大会4試合で40点を挙げた明徳義塾を相手に、最速148キロをマークした速球を武器に7回4安打10奪三振(7回コールド)と問題にしなかった。

「この1年でいろんなピッチャーと当たったけど、夏の甲子園を含めてもナンバーワンやね。スピードよりも球のスピンがいい。あれは野球でメシが食える」(馬淵監督)
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング