専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

甲子園で輝いた“未来のドラフト候補”に刮目せよ!海星・西村は総合力を発揮。二松学舎大付・瀬谷は走攻守すべてがハイレベル【野手編】

西尾典文

2022.08.30

攻守においてバランスのとれた西村(左)と東京を代表する強打者の瀬谷(右)。今後の活躍が楽しみだ。写真:塚本凛平(THE DIGEST)

攻守においてバランスのとれた西村(左)と東京を代表する強打者の瀬谷(右)。今後の活躍が楽しみだ。写真:塚本凛平(THE DIGEST)

 ドラフトの目玉となるような候補は少なかったという声が多かった今年の夏の甲子園。しかし過去を振り返っても、その時点ではそれほど高い評価を得ていなくても、大学や社会人を経て大きく成長してプロ入りを果たした例は少なくない。そんな現時点では進学や社会人入りが予想されている“未来のドラフト候補”となりそうな選手をピックアップして紹介したいと思う。今回は野手編だ。

―――◆―――◆―――

●西村陽斗(海星・捕手)
 
 捕手は全体的に好素材が多かったが、攻守を含めた総合力で西村を選んだ。守備では2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球で1.8秒台をマーク。ただ速いだけでなくコントロールも安定している。

 5番を任されている打撃でも日本文理戦では田中晴也の145キロを弾き返して先制の2点タイムリースリーベースを放つなど、3試合で打率5割をマーク。内から鋭く振り出し、速いボールにも負けずに広角に打ち返すことができる。ブロッキング面と打撃の力強さが向上すれば、将来的には十分プロも狙える素材だ。

●藤田大輝(旭川大高・三塁手)

 大会前にノーマークだった選手で最も驚かされたのがこの藤田だ。第1打席では追い込まれてから川原嗣貴(大阪桐蔭)のスプリットをレフト前に運ぶと、第2打席では140キロのストレートを完璧にとらえてライトスタンドに叩き込んで見せた。さらに感心したのがその後の打席だ。

 第3打席ではあらゆるボールをしっかりカットする粘りを見せて最後にはセンター前に運び、9回の第5打席でも別所孝亮(大阪桐蔭)のフォークをとらえてファーストに鋭く弾き返して4安打をマーク。ホームランが決してフロックではないことを見せつけた。サードの守備も軽快で脚力もあるだけに、持ち味の打撃を更に伸ばして高いレベルを目指してもらいたい。

【PHOTO】「夏の甲子園2022」ベストショットを一挙公開!
 
●平井悠馬(国学院栃木・三塁手)
 
 サードでは前述した藤田、大阪桐蔭不動のトップバッター伊藤櫂人も目立ったが、もう1人取り上げたいのが国学院栃木の4番を務めた平井だ。開幕ゲームとなった日大三島戦では勝ち越しのタイムリーツーベースを含む2打点、そして2回戦の智弁和歌山戦ではホームランを含む3安打2打点と4番としての役割を見事に果たして見せた。

 リストの強さと下半身の粘りを生かしたスイングでスムーズに強く引っ張ることができるバッティングが持ち味。ファーストストライクからフルスイングできる積極性も光る。また投手としても130キロ台後半のスピードをマークし、サードから見せる強肩も目立った。貴重な強肩強打の三塁手として今後が楽しみな存在だ。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング